スマホで使えるおすすめVRゴーグル(ヘッドセット)8選を比較検討してみた

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

さて昨今話題になっているVR(バーチャルリアリティ)ってみなさんもう体験しましたか?

実は本格的なPCを使ったVRでなくても、スマホを使ったVRでそれなりに魅力が十分に伝わる方法があるんです。

ということで本日はVRメディアでもライターをやっている私が、初心者向けのVRヘッドセットを比較検討してご紹介させていただきたいと思います。

クオリティは高いが値段が高めなVRゴーグル(ヘッドセット)

まずは価格は高いが、PCでのVR体験により近いものを体験できるゴーグルからご紹介いたします。

Galaxy GearVR

Galaxy Gear VRはその名の通り、Galaxyシリーズのスマートフォンを装着して、VRを楽しむことができるデバイスです。

対応機種はGalaxyの端末S8/S8+, S7, S7 edge,Note5, S6 edge+, S6, S6 edgeに限られてしまうのですが、逆を言えばこの端末を持っているのであれば、ぜひ購入して欲しいVRゴーグルです。

Galaxy独自のVRサービスが用意されており、7,000を超えるVRコンテンツを楽しむことができます。

また、コントラーを使ったさらに直感的な体験をすることも可能となっております。

価格はコントローラー込みで12,000円ほど(記事執筆時)

HTC LINK

HTC LINKはハイエンドVR端末である、HTC Viveを作っている、HTC社が送るモバイルVRゴーグル(ヘッドセット)ですが、なんとモバイル端末初のルームスケール(VR空間の中を自由に動き回ることができる)機能を搭載しております。

こちらはスマートフォンをセットするタイプのもではなく、HTC U11という端末を繋げてプレイするタイプのゴーグルです。

PCを使わないものでいえば、VR空間を自由に動ける機能を有しているのでクオリティの高いVRゴーグルとなっておりますが、HTC LINKの価格は40,000万円程度、対応するスマートフォンHTC U11(実売価格90,000円前後)を購入するとなると、さらに価格もそれなりに高いので、なかなか手をだしずらいかもしれませんが、その体験は素晴らしいと感じました。

コントローラー2つとルームスケールを使った没入感は圧倒的です。

auオンラインショップにて発売中→販売サイト

Google Daydream View

Googleが送るVRゴーグル(ヘッドセット)Daydream Viewです。まだ国内では販売されていないのですが、輸入価格では10,000円くらい。

ゴーグルにスマホをセットするスタイルのでVRを楽しむことができ、3Dトラッキング機能を搭載したコントロラーが付属しており、より直感的な操作が可能です。

対応機種は現状だとGoogle Pixel/Galaxy S8 and S8+/ZenFone AR/Moto Z/Mate 9 Pro/Axon 7

GoogleはEarth VRやストリートビューなど億時の素晴らしいコンテンツを持っているので、そのあたりが強みかと思います。

 

1,000円前後で買える安いVRゴーグル(ヘッドセット)

続いては価格が千円前後程度の安く手軽に購入することができるVRゴーグルです。
紙製やダンボール製などのゴーグルですが、価格が安いのが魅力的です。

ハコスコ

スマホをセットして使うタイプで折りたたみ製なので、持ち運べに非常に便利ですが、手で持ちながらVR体験をしなければならないのでそこは若干不便かもしれません。ピントの調節機能などもないですが、没入感はそこそこ、価格もとても安いので初めての人は購入してみてもいいかもしれません。

Homido Mini

こちらはスマホに取り付けるタイプのゴーグルというよりはメガネのようなタイプ。

周りがオープンになってしまっているので、没入感は低いです。最初にこちらでVRを体験してしまうとちょっと物足りないと感じてしまうかもしれません。

GoogleCardBord

こちらもスマホをセットして使うタイプで、Googleが設計したVRゴーグルです。

色々なメーカーからGoogleCardBordの規格の商品が出ていますが、こちらの商品は手ぶらでVRをできるようにバンドが付いているので、安いものの中では(1,000円を切る)オススメです。

3,000円ぐらいで購入できるVRゴーグル(ヘッドセット)

最後は3,000円くらいで購入できるVRゴーグルのご紹介です。

ピントの調節機能を搭載していたり、クッション製やつけ心地が良いものが多いので、正直この辺りのゴーグルが初めての体験として一番オススメです。

Urgod 3D VR

Amazonでベストセラーを達成したこのゴーグルは、スマホをセットして使うタイプのVRゴーグルで、瞳孔距離調整や、ピントなど基本的な部分を抑えていて、初めての方にはオススメ。

イヤフォンを別に用意しなければいけないので、ちょっとその点が残念か。

LUPHIE 3D

スマホをセットして使うタイプで目の距離と、ピントが調整できて、音量ボタンとタッチパネルボタンが付いています。

ヘッドフォンがすでに搭載されているので、他にイヤフォンなどが必要ないのがとても素晴らしいです。

当ブログでもレビューしているので、よかったらぜひ見てみてください。

「LUPHIE 3D」 VRゴーグルはイヤホン・ヘッドフォンいらずで手軽にスマホVRを楽しめる!【PR】

VR初体験は1,000円〜3,000円くらいのVRゴーグル(ヘッドセットがオススメ)

ということで、VRゴーグルをいくつかご紹介させていただきましたが、私が個人的に初めてのVRゴーグルに搭載されていたらいいなと感じているのは以下の点になります。

  • 瞳孔間距離の調整が可能
  • ピント調整が可能
  • 手が開く(バンドしっかり固定ができる)
  • イヤフォンがすでに搭載されている

個人的には最後に紹介した、LUPHIE 3Dを一番使っています。皆様もこの辺りに注目して、VRゴーグルを探してみてくださいね。

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

「LUPHIE 3D」 VRゴーグルはイヤホン・ヘッドフォンいらずで手軽にスマホVRを楽しめる!【PR】

『VR BOX』はじめてのVR体験にオススメなVRゴーグル(ヘッドセット)

お台場東京ジョイポリスゼロレイテンシーVRアトラクション『SINGULARITY』がヤバイ!

東京都内でVR体験ができるオススメ施設5選