お台場東京ジョイポリスゼロレイテンシーVRアトラクション『SINGULARITY』がヤバイ!

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

さてPSVRのリリース後から急速に世の中に広まりつつあるVRですが、皆様はVRを体験した事がありますか?

先日お台場に東京ジョイポリス内にある、VRアトラクションであるゼロレイテンシーVRの新作ソフト『SINGULARITY(シンギュラリティ)』を体験してきました。

こちらのVR体験は一番最初に体験するのにとても素晴らしいアトラクションとなっております。

今回はそんなヤバイVRをご紹介させていだきます。

ゼロレイテンシーVR『SINGULARITY(シンギュラリティ)』とは

お台場にある東京ジョイポリスで体験できる

ゼロレイテンシーVR『SINGULARITY(シンギュラリティ)』を体験できるのは、お台場にある東京ジョイポリスです。

お台場のジョイポリスは若い頃にデートで来た以来ですよ。夏でも室内アミューズメーントパークなので涼しくていいですねぇ。

zerolatency31

体験するためには事前予約が必要です。

ゼロレイテンシーの公式サイトから予約をしましょう。7月20日(木)現在確認したところ、まだ7月中も8月中も空きがあるみたいです。

体験するためにかかる料金は、ジョイポリスの入園料金(800円)+プレイ料金(2,000円)で2,800円です。

ちなみにジョイポリス色々割引制度もあるので、事前にこの辺りを事前に調べておくのもいいかもしれません。

『SINGULARITY(シンギュラリティ)』はどんなアトラクション?

今回の新作ソフトであるシンギュラリティはフリーローム型VRアトラクションといって、背中にショルダーPCを背負い、ヘッドセットをつけることによって、VR空間を自由に動くことができるアトラクションとなっております。

さらに6人の同時プレイが可能となっており、仲間と協力しながらプレイを進めていきます。

シンギュラリティのストーリーとしては、参加者が通信の途絶えた宇宙ステーションの調査をする、派遣された特殊部隊ブラックチームの一員となり、迫り来る人型ロボットやドローンと戦いながら、進んでいくシューティングゲームです。

zerolatency2

ゼロレイテンシーVR『SINGULARITY(シンギュラリティ)』体験

ということで説明はこのくらいにして、実際に体験していきましょう。予約時間の15分前が集合時間とのことなので、間違えないように注意しましょう。カウンターで予約完了メールを提示すると中に入れるそうです。

中に入るとロッカーがあるので、こちらに荷物を全て入れます。腕時計やスマートフォンなんかも落としてしまう可能性があるので、全部入れてしまいましょう。私はメガネをかけているのでちょっとこの辺りは不安だったのですが、プレイ寸前まで掛けていて良いとのことだったので安心しました。私メガネ外すとマジで何にも見えなくなっちゃうんですよ。

zerolatency30

まずは私たち特殊部隊ブラックチームの上官から、武器などの使い方の説明があります。

zerolatency4

武器はパルスガン・ショットガン・レールガン・ビームガンの4種類があるみたいなのですが、ヤバイ覚えきれない。

それぞれ射程や得点、リロードの仕方が変わってくるそうです。

zerolatency29

銃の本体を横にすることで、シールドが発動します。これをこまめに使って、ダメージを防ぐ事で高得点が狙えます。

ちなみに一定量のダメージを受けてしまうと、ゴーストとなり10秒間動く事ができなくなってしまいます。

基本的に残機のようなシステムはないので、何回でも死ぬ事はできるのですが得点が下がってしまうのでなるべく頑張りましょう。

zerolatency6

装備を装着してみてると結構かっこいい

上官から説明を受けて、いざ装備を装着していきます。

壁にかかっている、ショルダー型のPCを背負い、ヘッドフォンとヘッドマウントディスプレイを装着していきます。

ぎゅっと体に密着させるので、そんなに重みは感じません。

zerolatency26

全て装着するとこんな感じになります。とてもかっこいい。

丸いピンポン球のような部分が光る事で、ユーザーの位置を認識します。

zerolatency12

いざSINGULARITYプレイ開始!

メガネをスタッフさんに渡して、いざプレイ開始です!

ヘッドマウントディスプレイをかけると、周りのプレイヤーが見えます。

ちなみにマイクも搭載しているので、プレイ中にボイスチャットで友人とやりとりする事もできます。

コードにつながれていないVRの体験はやはり新鮮で没入感が半端ないです。

zerolatency14

ちなみにプレイエリアは240平米の広さで、こんな感じになっております。

最大6名での同時プレイが可能です。

zerolatency15

渡された銃をまじまじと観察するアリマックス。

zerolatency19

足を一歩踏み出して歩き出すのがなかなか怖いのですが、慣れてしまえば大丈夫です。

ゲームの中身はというと、迷路のような宇宙ステーションの中を次々出現してくるアンドロイドを倒しながら進んでいきます。エレベーターで違う階に登ったり、そり立つ壁のようなところを登ったり、シューティングは簡単すぎず、難しすぎずいいバランスで、15分のプレイ時間はあっという間でした。

zerolatency24

言葉だけでは伝わらないと思うので、公式の動画を置いておきますね。

いやー是非これは体験していただきたい!

まとめ

本日はお台場東京ジョイポリスのVRアトラクションゼロレイテンシーVR『SINGULARITY(シンギュラリティ)』を体験してきました。

今までのVRの面白いとこどりのような、初めてのVR体験には間違いなくおすすめしたいアトラクションでした。

VRに興味があるけど、何から始めていいかわからないって方には、ぜひおすすめなのでお台場東京ジョイポリスまで足を運んでみてはいかがでしょうか?

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

「LUPHIE 3D」 VRゴーグルはイヤホン・ヘッドフォンいらずで手軽にスマホVRを楽しめる!【PR】

『VR BOX』はじめてのVR体験にオススメなVRゴーグル(ヘッドセット)