キャンプインフェス初心者カップル向けテント厳選7選!

Pocket
LINEで送る


どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

さてもう夏フェスの足音がそこまで聞こえてきている今日この頃ですが、今回自分でテントを買って、フジロックに参加するという友人から、どんなテントを購入したらいいのかわからないのでアドバイスが欲しいと言われたので、書いていきたいと思います。

カップルでのフェステントを選ぶポイント

まずはカップルでフェスに参加する方がテントを選ぶ時のポイントを書いていきたいと思います。

基本的にはフェス用のテントを選ぶ時のポイントと全く変わらないのですが、おさらいの意味でも書いておきます。

カップル向けテントは何人用を選ぶ?

カップルなので、使用人数は2人だと思うのですが、基本的に荷物が多くなるキャンプフェスは、荷物を置くスペース確保の必要がありますので、使用人数プラス1人用を選ぶようにしましょう。

基本的には2〜3人用を選びましょう。

大は小を兼ねると言うので、もちろんそれよりも大きいテントを購入してもいいのですが、大きいテントは重量やサイズが大きかったり、設営が大変だったりするので、個人的には2〜3人用がベストかと思います。

耐水圧は最低でも1500mm以上のものを選ぼう

耐水圧は簡単に言うとどれだけの雨に耐えられるかという指標です。

フジロックなどのフェスでは高所で天気が変わりやすい為、期間中にスコールのような雨が降ることもあります。

それに耐えうるには耐水圧は1,500mm以上がオススメです。

耐水圧はだいたいテントの販売ページに詳しく載っています。

間違っても耐水圧表記がないようなものは買わないようにしてください。

前室があるものを選ぼう

テントには前室といういわゆる屋根のある玄関の様な物が付いているテントがあります。

ここは雨が降った時に、体についた雨をテント内に持ち込まない様に着替えたり払ったりできるだけではなく、玄関として使ったり、ちょっとした荷物を置いておくことができます。

こちらもあるとないのとではだいぶ変わってくるので、前室がついたテントをオススメします。

設置が早いものを選ぼう

これはプラスαくらいの要素ですが、最近はワンポールテントや(ポールが一本で組み立てが早い)ワンタッチテント(ポールの組み立てが不要)があります。

キャンプサイトの場所が争奪戦になってしまう様なフェスではとにかく早く設置できるのが良いかもしれません。

ホームセンターなどで売っているテントでも大丈夫?

ホームセンターや通販で売っている3,000円くらいのテントは正直若干不安が残ります。

耐水圧も低いものが多く、ポールが弱く折れてしまったりすると長期参戦のフェスでは悲しいことになってしまうので、ここは来年以降もつかうことをこんがえて、最低でも10,000円位〜のアウトドアブランドのものを買っておくのが無難ですね。

ポイントとしてはこんな所です。

あとはデザインや価格と相談して自分好みのテントを見つけましょう。

フェス参加カップル向けオススメテント

それではここからは、筆者がオススメのカップル向けテントをご紹介していこうと思います。

抜群の安定感!コールマンツーリングドーム LX

王道のアウトドアブランドコールマンからは、ツーリングドームLXのご紹介です。

ファミリーキャンプ用のテントが多いイメージですが、その中でもツーリングドームは耐水圧、前室ありとオールラウンドに対応できるなかなか良いテントです。

若干収納サイズと重量が大きいので、そこだけが難点かなと思いますが、やはり王道メーカーということで、初めて買うテントとしてはハズレがなくオススメです。

  • 耐水圧:約1,500mm
  • 定員:2~3人用
  • 使用時サイズ:約210×180×110(h)cm
  • 収納時サイズ:約φ24×60cm
  • 重量:約5.6kg

高耐水圧!コールマンタフドーム240

こちらも同じくコールマンの定番シリーズタフドームです。

約2,000mmの高耐水圧に加えて、インナーテントの下部と上部に通気口があるため、暑いフジの会場では風通しが良く比較的涼しいテントで過ごしやすいと思います。

  • 耐水圧:約2,000mm
  • 定員:2~3人用
  • 使用時サイズ:約240×240×160(h)cm
  • 収納時サイズ:約20×72cm
  • 重量:約7.5kg

安くて設置が楽!コールマンタフエクスカーションティピ

こちらも同じく安定のコールマンのシリーズエクスカーションティピです。

耐水圧は約1,500mmで何と言っても特徴的なのは、こちらはワンポールテントなので設置が楽です。場所取りでスムーズ設置を行いたい人におすすめで、またポールが少ないので、持ち運びも楽です。価格も安くて良いのですが、フジロックなどでは若干前室が小さいのが難点かもしれません。

  • 耐水圧:約2,000mm
  • 定員:3~4人用
  • 使用時サイズ:約325×230×200(h)cm
  • 収納時サイズ:約16×60cm
  • 重量:約6.0kg

100年の歴史ある王道メーカー!CAMPAL JAPAN(キャンパルジャパン) ステイシー ネスト

テント作り100年の歴史をもつ安心安全のCAMPAL JAPAN(キャンパルジャパン)のステイシーネストは安心の耐水圧と広めの前室があって個人的にもとてもおすすめしたいのですが、ちょっと価格が高いのが難点です……。

今後全てのフェスでテント泊をして宿代が浮く事を考えれば、高い買い物ではないと思います

  • 定員:2~3人用
  • 耐水圧:約1,800mm
  • 使用時サイズ:約218×132×97(h)cm
  • 収納時サイズ:約φ20×42cm
  • 重量:約3.2kg

広いリビングが魅力的高機能!ノースイーグルリップツールームドーム200

ノースイーグルのリップルツールドームは耐水圧3,000mmの高機能に加えて、前室がかなり広く使えるので居住性がかなり高いと思います。

ここでご飯を食べたり、飲んだりリビングのように使うことができるので魅力的です。

  • 定員:2~3人用
  • 耐水圧:約3,000mm
  • 使用時サイズ:約440×220×130(h)cm
  • 収納時サイズ:約φ56×20cm
  • 重量:約5.9kg

圧倒的安さ!DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)ワンタッチテント

圧倒的安さを誇るDOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)さんの商品です。

紐を引くだけのワンタッチ設営が可能なので、初心者にはオススメです。

耐水圧はフライが1,500mmフロアが2,000mmと十分なので初めてのテント、あまり高いものは買いたくないという方にはオススメ。

  • 定員:3人用
  • 耐水圧:フライ約1,500mmフロア約2,000mm
  • 使用時サイズ:約205×205×145(h)cm
  • 収納時サイズ:約78×17cm
  • 重量:約5.0kg

snow peak(スノーピーク)アメニティドームS

snow peak(スノーピーク)アメニティドームSもおススメです。

オシャレキャンパー御用達ブランドなので、1台目にこのテントを買ったらあなたも今日からスノーピーカー!

テント洗濯のアフタサービスやアフターケアなども手厚く、人気のブランドです。

対水圧も高く、前室付きです。

若干設置が難しいかもしれません。

  • 定員:3人用
  • 耐水圧:約1,800mm
  • 使用時サイズ:約220×310×120(h)cm
  • 収納時サイズ:約58×18×23 (h)cm
  • 重量:約5.0kg

まとめ

というわけで本日はフェスキャンプ初心者カップルにおすすめのテントをご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

無理して最初から高価なテントを買わなくても、とりあえず安いのを買って参戦してみると、また新しい自分なりの譲れないポイントが発見できたりすると思います。

今年もフェスキャンプ楽しみましょう!

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

こちらの記事もよかったら見ていってください〜

アウトドア用キャリーカート・ワゴンを徹底比較検討してみる

アウトドア初心者にオススメのテントを徹底比較検討してみる。

アウトドア初心者のためのバーベキューコンロ・グリルを徹底比較検討してみる

イグルークーラーボックスマックスコールドが最強

Pocket
LINEで送る