人の家から漂ってくるお風呂の香りが好きだ

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

唐突ですけど、皆さん「人の家から漂ってくるお風呂の香り」についてどう思いますか?

bathroom1

何言ってんだこいつ変態か?と思う気持ちをグッとこらえてこの先を読み進めて欲しいのですが、夕暮れ時に住宅街を歩いていると、どこからともなくシャンプーやボディーソープ・石鹸の香りが漂ってくることありますよね?

そう、あれです。私あの香りが大好きなんです。
あらかじめ言っておくと、決していやらしい意味ではないですからね!

欲を言えば季節は初夏の頃、まだ真っ暗にならないくらいの夕方の時刻、半袖Tシャツ一枚が心地いい位の気温で、仕事終わりにビールでも1杯飲みに行こうと馴染みの居酒屋へ歩いて向かっている時に突如として私の鼻をくすぐる爽やかな清潔感のある香り……!

これ最高じゃないですか?

年に数回のペースで遭遇することがある「グッとくる風呂の香り」ですが、あの香りを感じると安心感というか、幸せを感じるというか。うまく説明できないのですが、心に何かグッとくるものがあって、僕はなぜか少し涙が出そうになるんです。

あの香りを感じたいと思っても、そんなに都合よく遭遇できるものではなく、忘れかけていた時に、突然現れて、泡のように消えていく儚いあの香り……。

もしあの匂いを再現し、いつでも感じることができたとしたら……。

今回はそんな夢のような体験を実現するべく、「グッとくる風呂の香り」を可能な限り再現してみたいと思います。

スポンサーリンク

まずは自宅で試してみる

正直な所自宅での入浴中に「グッとくる風呂の香り」を感じたことはありませんが、まずはちょっとそのあたりを意識して入浴してみたいと思います。

bathroom2

〜入浴中〜

さて自宅のシャワーを浴びてさっぱりしたのですが、結論から言わせていただくと、全然ダメです。

bathroom3

確かに嗅覚に意識を集中することで、「グッとくる風呂の香り」の片鱗を感じることはできたのですが、いつも私が使用しているシャンプーやボディーソープ類では、親しみがありすぎてなんというか全然グッと来ません。

どうやら普段使っていない種類のシャンプーやボディーソープの香りがひとつのポイントになっている可能性があります。

普段使っていないシャンプーやボディーソープの香りを感じてみる

自宅のいつも使っているシャンプーや石鹸では鼻が慣れ過ぎていて、刺激を感じない(麻痺している)とすれば、普段使っていない、シャンプーやボディーソープの香りを感じたら、グッとくるのではないか?という仮説の元、家族や知人からシャンプーやボディーソープを借りてきました。

bathroom4

どれも私が普段使っているものとは異なるので、これらの香りを確認して、自分が一番グッとくる香りを見つけ出したいと思います。

bathroom5

ひとつずつ香りを確認していった結果、私が一番グッとくるなと感じたのは「メリット」でした。

メリットは私が小さい頃に使っていたシャンプーということもあり、懐かしさがグッとくるポイントをアップさせているのかもしれません。

bathroom6

メリットの香り自体はとても好みではあるのですが、これを直接嗅いだだけではまだ足りない、何かが違うんですよ。

湯気に混ざった香りがグッとくるのではないか?

ここでふと、お風呂場の香りは総じて湯気と混ざった香りである。ということに気がつきました。

ならばこのメリットを使って、メリットの香りがする湯気を作れば私の追い求めている「グッとくる風呂の香り」が完成するかもしれません。

というわけで早速メリットの香り湯気を作っていきたいと思います。

メリットの香り湯気の作り方

まずは水1リットルを鍋に入れて、沸騰させます。

大さじ一杯のメリットを沸騰したお湯にとかして、一煮立ちさせれば完成です。

ちなみにメリットを溶かした状態で沸騰させると、めっちゃ泡立って吹きこぼれてしまいますので注意してください(私は見事に吹きこぼしました)

bathroom12

さて完成したメリットの湯気の香りを堪能してみます。

bathroom13

仰ぐようにして匂いを嗅ぐ

近い!これはかなり近い!でもあと一歩という所まで来ているのですが、なんだかあと一つ足りない感じですね。

残りワンピースのパズルを探し、悩みに悩み抜いた結果ついに閃きました

住宅街を歩いている時に突然現れる香りにグッとくる。そう、つまり大事なのは外気だ!

外の香りとメリットの湯気が混ざった時に、私の追い求める「グッとくる風呂の香り」が完成するに違いない。

そうとわかれば、実践あるのみです。暖かい液体を運ぶのに最適なスープジャーに先ほど作った、まだ湯気がたっているメリット汁をたっぷりと注いで蓋をします。

bathroom14

というわけでこのメリット汁の香りを外で堪能してみたいと思います。

bathroom16

理想の「グッとくる風呂の香り」は完成したのか!?

スープジャーに入れれば、持ち運びにも非常に便利です。

それではいよいよ「グッとくる風呂の香り」が再現できているのかどうか香りを確かめてみたいと思います。

bathroom22

心なしか緊張の面持ち

これだっ……!

外気と合わさることによって、突如として現れるあの香りの再現が完璧に出来ています!

これが私が追い求めていた「グッとくる風呂の香り」で間違いありません!

bathroom24

これで私はいつでも「グッとくる風呂の香り」を楽しむことができる。

気持ちが落ち込んだ時、悩んでいる時にもこの香りがあれば、私はまだ戦うことができる。

ありがとうメリット、ありがとうスープジャー。

おわり

 

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。