蒲田「いっぺこっぺ」の超分厚くて肉汁溢れる上ロースカツカレーの力がやばい

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

カレーってやっぱり美味しいし、飲み物みたいな物なんで最近やたらとカレーばっかり食べています。

高カロリーだし、糖質脂質も高いんであんまり食べすぎると体には良くないよなぁ……。なんてちょっとした罪悪感をスパイスにして食べるカレーもまたスパイシーで美味しいんですよ。

先日蒲田に行く機会があって、お友達に美味しいカツカレーのお店を紹介してもらいました。今回訪問させていただいたのは、蒲田の「いっぺこっぺ」というカツカレー専門店です。そちらで衝撃のカツカレーを体験してきたのでご紹介させていただきたいと思います。

蒲田「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ」

この日は定休日でしたが、こちらの隣には有名なとんかつ屋さんである「檍(あおき)」があります。

そんな檍さんのとんかつを乗せたカツカレーを食べることができるのがいっぺこっぺの魅力です。

ippekoppe4

私は休日の12:00位にお店に到着、すでに行列ができており、30分ぐらいは並んだかな?

並んでいる途中に、メニューを聞いてくれるので、中での待ち時間はそんなにありませんでした。

メニューは以下のラインナップ、とても迷うのですがここは上ロースカツカレー(1,800円)を選択しました。

  • ロースカツカレー(1,000円)
  • 特製メンチカツカレー(1,000円)
  • ヒレカツカレー(1,500円)
  • 上ロースカツカレー(1,800円)
  • かたロースカツカレー(2,000円)
  • 特上ロースカツカレー(2,300円)

上ロースカツカレーはもはやカツカレーではない

入店してしばし待つと、到着したのが赤い角皿にとんでもない存在感で鎮座するこちらのロースカツ。

カレーは別盛りになっており、スパイスととんかつの油の香りが漂ってきて、お腹を刺激してくる!!

ippekoppe2

卓上にはヒマラヤ岩塩のナマック、アメリカテキサス州のモートンロックソルト、ソース、らっきょがあります。

ippekoppe3

上ロースカツの断面は中心部がほんのりピンクになっていて、衝撃の分厚さ!

塩をつけていただくと、サクッ!ワシッ!衣の軽快な軽さと肉の存在感溢れる食感が堪能できます。食感の後には透明感を感じる肉汁が滴り、甘みと旨みが脳内を駆け巡りドーパミン細胞から中脳辺縁系を経て側坐核を刺激します。

もはやこれはカツカレーというより、美味しいとんかつを食べている気分です。

もちろんカレーも美味しいのですが、申し訳ないですが完全にとんかつの方に意識が移ってしまい、分厚くてジューシーなとんかつを十分に堪能しました。

ippekoppe1

まとめ

今回はカツカレーの専門店今回訪問させていただいたのは、蒲田の「いっぺこっぺ」をご紹介させていただきました。

純粋にカツカレーを感じたい方は、ロースカツカレー(1,000円)がおすすめ。ガッツリと上質なとんかつも味わいたいなら、上ロースカツカレー(1,800円)がおすすめって感じです。

いや〜とても満足出来るカツカレーでした、ぜひお隣の檍さんも機会があったらチャレンジしてみたいですね。

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!