フジロックの準備【服装編】

Pocket
LINEで送る

2014-04-28 12.00.15

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

さてフジロックまでもうあと少し!

そろそろ準備を始めている方も多いと思います。

今年、フジロックに初めて参加する方は準備や諸々不安が多いと思います。

そんな方の為に、本日はフジロックの準備【服装編】としてフジロックの環境に適した服装などをご紹介しようと思います。

初心者の方に参考になれば幸いです。

それではいってみましょう。

気温、天候の変化に対応できる服装が重要

slooProImg_20150806004640.jpg
フジロックの服装のポイントは、いかに天気と気温に柔軟な対応が出来るかが重要になってきます。

気温と天候の変化が激しいので防寒具、雨具は必須です。

フジロックにおいて雨が3日間の中で降らない事は奇跡的です。

雨が降るとかなり冷え込み、予想以上に体力が奪われます。

フジロックの苗場は基本的に過ごしずらい環境だと思っていて下さい。

その為、雨に濡れない雨具、対応調節ができる服装を選んでいきましょう。

もって行くべきもの

ココでは絶対に持っていった方がいい物を書いていきます。

フジロック参戦経験が多くてもだいたいこのあたりはみんな持っていますね。

雨具(GORE-TEXのレインスーツが最高)

フジロックの会場内には傘は持ち込めません。

その為雨を防ぐにはレインスーツやポンチョが必須です。

GORE-TEXのレインウェアは雨から体を守ってくれるのに通気性が高い素材なので、出来ればGORE-TEX製を買いたいところです。

個人的に「Mizuno ストームセイバー」がオススメGORE-TEXではないが、結構近い耐水性を持つので。

何より価格がGORE-TEXよりはるかに安い!

防寒具(ジャンパー・マウンテンパーカーなど)

雨が降って寒い夜などは15℃とかになることもあるので絶対に必要。

女性も男性も大体マウンテンパーカーを着てますねー。

レインウェアをこの防寒具に代用してしまってもいいと思います。

Tシャツ(あればあるだけうれしい)

すぐ汗をかいてしまうので、気になる方はこまめに着替えられるように沢山持っていきましょう。

枚数が足りなくなっても、最悪現地の物販で売っているTシャツを買うことができるので、持っていく枚数が少なくてもそんなに焦る事もないと思います。

タオル

普通の手ぬぐいサイズのタオルは洗ってテントに干したりしておけば乾くので、そんなに枚数はいらないと思います。

バスタオルはブランケット代わりにつかえるので欲しい人は持っていっても良いかも。

タオルも現地で売っていたり、ノベルティでもらえたりするのでこちらもそんなに焦る必要はありません。

下着

基本的には宿泊数分でよいが、予期せぬ雨に降られたときなのどの予備用に+1枚くらい持っていったほうが良いです。

帽子

帽子は非常に重要、基本的には日焼けの防止に使用します。

キャップでは耳が出てそこがひどい日焼けになってしまうので、全体につばが付いているものが良い。

GORE-TEXのレインハットをかぶっていくと雨の日でも非常に便利!

熱中症などにならないためにもハットはずっと被るようにしましょう。

靴、長靴

これも重要なところです。

傾斜があり足元の悪い会場内を歩くには、トレッキングシューズが機能性が良く足も疲れません。

中でもやはりGORE-TEXのトレッキングシューズは最高!メレルのカメレオンはGORE-TEXで価格も安くいまだに人気があります。

女性は長靴派って方が多いです。

見た目が結構かわいいからかもしれませんね!防水で水が染みてこないという意味では非常に良いのですが、3日間長靴だと結構疲れてしまうので、中敷を入れて歩きやすいカスタムをしましょう。

おすすめの長靴は日本野鳥の会の長靴とアマートですね!コストパフォーマンスがかなりいいです。両方とも素材が柔らかめなので、持ち運びや暑くなったときに折り曲げられるのが特徴です。

あると便利なもの

長袖シャツ・レギンス

日焼け止めを使っていても汗ですぐ落ちてしまうので、暑さに我慢できる人は是非長袖シャツとレギンスを履いたほうが良いです。
3日間いるとひどい人はただれたような日焼けで病院へ…なんてこともありえます。

レギンスは足元を虫などから守ってくれるので重宝します。

サングラス

3日間も炎天下にいたら目もやられちゃいます。

普段サングラスをしない人も、ちょっとオシャレな気分でサングラスしておきましょう。

まとめ

さてフジロックの準備服装編のご紹介でした。

少しは参考になったでしょうか?準備を万端にして、後悔無いように全力でフジロックを楽しみましょうね!

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

2 comments

Leave Comment
  1. Pingback: 私的フジロックのしおり 2013 -序章- | ガジェとろ

  2. Pingback: 私的フジロックのしおり2013 持ち物編 テント | ガジェとろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。