大好きだったアンパンマンポテトと20数年振りに感動の再会をしたはずだった

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

皆様は「アンパンマンポテト」って知っていますか?
本日は私が大好きだったこの商品を20数年ぶりに食べてみたお話です。

スポンサーリンク

アンパンマンポテトとは?

味の素の冷凍食品であるこのポテトは、商品名の通り、アンパンマンのキャラクターの形をしたポテトです。

私がまだ幼稚園の時によく母がお弁当に入れてくれていました。

コレが美味しくて美味しくて、とても大好きでした。
お弁当だけではなく、朝食や夕飯にもねだっていた記憶があります。

20数年振りの運命の出会い

あんなに大好きでたまらなかったのに、私は大人の階段を上るにつれてアンパンマンポテトから自然と離れて行きました。

そのきっかけはなんだったのか…小学校に上がってお弁当がなくなったからなのか、自我が芽生えてきて、アンパンマンなんてカッコ悪いと思ったのか…。

何にせよあんなに愛していたアンパンマンポテトの事を長い間忘れていたのは事実です。

そんなこんなですっかりアンパンマンポテトの事なんか忘れていた先日、たまたま冷凍食品半額の日にショーケースを眺めていた私は、20数年ぶりに運命の再会を果たしました。

そう。アンパンマンポテトです。

久しぶりにの再会に、最初は戸惑いましたがすぐに20数年前のあの時の記憶が鮮明に蘇って来ます。

あの香り、食感、味をもう一度味わいたいと思うやいなや買い物かごにアンパンマンポテトを放り込んでいました。

20数年ぶりにアンパンマンポテトを食べる。

20数年振りに会った君を電子レンジにぶち込んでホカホカになった所を口に運んだ私は、衝撃を受けました。

それは久々の味に感動したわけではなく、記憶の中の味と香りと食感、どれとも合致しなかったのです…。

よく見ると、形や大きさも違う気がする…。

「久しぶりに会ったけど、君もしかしてこの20数年ですごい変わった?何かあったの?」

あの時とは全然違う。

けど、私が勝手に思い出補正をかけて勘違いしているだけかもしれない。

こうなったら販売元の味の素さんに聞くしかない

これはもう販売元の味の素さんに直接聞くしか無いと思い、お問い合わせの門を叩く私。

すると味の素さんから丁寧な返信が返ってきました。

メールありがとうございます。
また、日頃は弊社製品をご愛用くださいましてありがとうございます。

この度は、「それいけ!アンパンマンポテト」に関してお問い合わせいただきまして
誠にありがとうございます。

せっかく、20数年ぶりにお買い求めいただきましたのに、全く違う味にお感じに
なられたとのことで、残念な思いをなされたことと思います。

有馬様が以前お召し上がりいただいた時から、何度か改訂を行い、原料やレシピも
変更されておりますので全く違う味とお感じになられたのだと思います。

また、原料、レシピ以外にも大きさやキャラクターなども代わって、現在の商品に
至っております。

何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

また、何か弊社製品に関してご質問やお気づきの点がございましたら、ご連絡
いただけますと幸いでございます。

今後とも弊社製品をご愛用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

やはりアンパンマンポテトは変わってしまっていた。

あの日あの時あの場所で出会った君にはもう二度と会う事は出来ないのだ。

久しぶりの運命の出会いがこんな形になるなんて。悲しすぎる。

アンパンマンポテトの味は確実に変わっていたがそれでも私は前向きに生きていく

アンパンマンポテトはこの時代を生き抜いていく為に、自分をより魅力的にする為に、何度もその原料やレシピを変えて努力をしてきたようです。

もう20数年前の私が愛していた頃のアンパンマンポテトは存在しません。

だけどアンパンマンポテトは20数年間いろいろな人に愛されながらも変化を恐れず、常に前向きに生きてきたと思うと、私もそれを見習わなければならない。

私も変化を恐れず、前をむいて生きていこうと思った。

ありがとうアンパンマンポテト。

ありがとう。

 

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

1 comment

Leave Comment
  1. Pingback: 懐しい!あのアンパンマンポテトの店頭では売っていない幻のスイートポテト味が存在した! | ガジェとろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。