BenQアンバサダーイベントに参加して4KプロジェクターHT8050に感動した!

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

huluやNetflixなどのVODサービスが大人気の昨今、映画を楽しむハードルがとても低くなりました。

そんなVODサービスとプロジェクターを合わせて、自宅で映画館さながらの映画を楽しむ事が出来たらとても素晴らしいと思いませんか?

本日はそんなホームシアターのお話、BenQアンバサダーのイベント「BenQホームシアタープロジェクター体験イベント」に参加してきたのでレポートさせていただきます。

benq2

BenQとは?

BenQは台湾を拠点に家電製品などを販売するメーカーさんで、日本ではディスプレイや、プロジェクターを軸においているそうですが、BenQにはグループ企業が15社もあるそうです。

benq5

BenQのコンセプトは「L.I.F.E」これはライフスタイル、ビジネス、ヘルスケア、教育の4つを重要分野として位置付け、より良い暮らしをより効率よく、より健やかに、より豊かに学ぶ事を掲げております。

benq4

ちなみにこちらのBenQグループのあゆみを見て驚いたのですが、BenQグループはもともとAcerの生産部門から独立した会社だったんですね!

知らなかった〜!

benq10

BenQというと、家電量販店の店頭ではなかなか見た事がないって方も多いと思うんですが……。

どうやらめちゃめちゃ売れているらしいです。

実際私もBenQのデータプロジェクターとディスプレイを持っていますしね。

例えばこの24インチワイドモニターなんかは、Amazonのディスプレイカテゴリで、ベストセラー1位を取得しております。

benq12

THX HD規格認証 DLP 4K UHDホームシアタープロジェクターHT8050

今回一番の目玉として展示されていたのが、『HT8050』です。

benq31

何がすごいってプロジェクターで4K出力できちゃうんですよ?

200インチのスクリーンに4K出力した映像なんかみたらそれはもう映画館ですよね。

benq1

THX HD規格認証 DLP 4K UHDプロジェクターということなんですが、

benq15

THXとはなんぞや?という方に簡単に説明すると、THXとは主に映画に関わる、AV再生機の評価を行う企業です。

映像制作者の意図した通りの色やコントラストになっているかどうかなど、様々なチェックをクリアすると、このTHXのロゴマークを表示できるようになるのです。

1983年に、あのジョージ・ルーカスによって創業され、ルーカスフィルムの一部門として始まった企業と聞けば「なるほどなるほど」と思うかもしれません。

THX認証を取得するためにもかなりの労力がかかっているみたいですね。

小型化したDMDチップが搭載されたり、高コントラストであったり様々なテクノロジーを駆使して、HT8050は完成されているみたいです。

細かい線の描写や、色漏れが発生しないなど、一体どれほど美しいのか楽しみです。

め〜んずスタジオのアスカさんが登壇

今回のイベントでは私が大好きなブロガーの瀬長明日香さん(@asuka_xp)も登壇して、アスカさんのプロジェクターについての思いなども聞かせていただきました。

写真がぶれてしまい大変申しわけありません。

アスカさんは割と早いうちからプロジェクターを持っていた事、最初に手に入れたプロジェクターの性能に正直がっかりした事、BenQアンバサダーで借りたホームプロジェクターではその不満点が全て解決されていた事、プロジェクターがあると生活が素敵に、生活がロマンチックになる。と言ったお話しをされていました。

実際にアスカさんがBenQアンバサダーで借りていたプロジェクターがこちらのHT3050です。

benq27

この商品は僕もBenQさんから以前お借りした商品で、ホームシアターを始めるには最適な一台なんですよね。

BenQのプロジェクターHT3050をモニターで使ってみた感想

アスカさんが実際に使って感じた思いを聞いてみると、プロジェクターっていいなって素直に思いました。

質感まで感じる!これが4Kプロジェクターか!

というわけで、実際にHT8050で4K映像を見させていただきました。

いやー写真で伝わらないのが非常に悔しいんですが、なんていうんでしょうか、4Kのプロジェクターは没入感が圧倒的に違いますね。

発色はとても綺麗で、細部まで表現できているし、色ムラや明るさのムラも全くなく本当にその場にいるかのような映像が楽しめます。

benq29

視覚を超越して、目から入った情報で質感を感じてしまう感覚があるんですよ。

benq28

ちょっと大げさかもしれませんが、私は本当にそう感じました。

モノの質感を感じるほどの画質。それがHT8050の魅力です。

benq30

その他の製品やタッチアンドトライ

会場にはHT8050だけではなく、様々なBenQのプロジェクターが展示されていました。

150インチのスクリーンに投影される映像は本当にどれも綺麗で素晴らしい。

見れば見るほど欲しくなってしまう。

4K映像を見てしまった後だとあれですけど、正直家庭用で初めて購入するならフルHDモデルから初めても全く問題ないです。

benq3

まとめ

本日はBenQアンバサダーのイベント「BenQホームシアタープロジェクター体験イベント」に参加してきたお話しでした。

benq2

自分もプロジェクターは持っているのですが、データプロジェクターでホームシアター向けではない商品なので、いつかは4Kプロジェクターを購入し、ホームシアターを自宅に作って仲間と映画鑑賞なんかをやりたいなという気持ちになりました。

いつか買うぞ!頑張るぞ!

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。