HUAWEI P9はライカと共同開発したカメラを搭載した、超絶カメラ推しの端末だった

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

先日、HUAWEI JAPAN Touch and Try Tour 2016 『モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング』東京会場に参加してきました。

そちらでタッチ&トライとして、すでに販売されている端末ではあるのですが、HUAWEIの端末P9を触ってきましてので、ご紹介いたします。

とにかくカメラ終始カメラ推し!HUAWEI P9

まずはスライドで紹介されていた商品説明から。

HUAWEI P9はHUAWEIのハイエンドスマートフォンで、あの有名なライカと共同開発した、ダブルカメラが特徴となっております。

ライカって憧れの高級カメラのイメージですので、カメラ好きな人はこれだけでも喉から手が出るほど欲しいかもしれません。

タブルカメラは1200万画素のモノクロセンサと1200万画素のRGBセンサで構成されています。

モノクロセンサの方では形状や輪郭のディテールを取得し、RGBセンサの方では色情報を取得しているとのことです。

なるほどなるほど、モノクロセンサで輪郭や陰影をはっきり取り、RGBセンサの色彩情報を融合し素敵な写真を仕上げるわけですね。

iPhone 7 Plusのカメラと比べてみても、1.25µmピクセルサイズの少し大きいイメージセンサーにF2.2のレンズってことで、明るい仕上がりになっていますね。

最先端の画像処理技術(ダブルコアISP)を利用し高速処理、停電力処理を行うそうです。

フォーカスもローライトシーンではiPhone 6sより30パーセント速いフォーカス速度を実現しています。

気になったのはスマートフィルムモード。

撮影後の画質編集はもういらない!と書いてあるように、 ライカのクラシックカラーから3種類を簡単に選べるようです。

ライカ監修のカメラで、ライカのクラシックカラーという触れ込みだとやっぱり試してみたいですよね。

そしてそしてモノクロモード!

私あまりモノクロ写真を撮ることがないのですが、ライカのモノクロモードと言われるとやっぱり試してみたくなります。

カメラの優れた部分の1つである、リアルタイムプレビューをしながら絞りの調整をすることが出来るます。

一眼レフで撮影したようなボケを作り出せるのは、魅力的です。

デザインはとても高級感があると思います。

高精度の加工技術を利用して、曲線が非常に美しいです。

手に持った感じもフィット感に違和感ありません。

5,2インチのFHDディスプレイは1670万色でとてもキレイ。

撮影した写真もキレイに見ることができます。

ベゼルの薄さもやはり美しさに一役買ってますね。

その他LTE-Advancedの高速通信や、Signal+というバーチャルトリプルアンテナの自動切り替え機能で、シームレスな通信を実現しています。

現在ではあたり前になっておりますが、指紋認証の精度も高く、また高速になっております。

この辺りは実際に購入して試してみたいところです。

パフェークトビューティーなどカメラ機能がやばい

イベント中には、パーフェクトビューティーというカメラの機能を、参加者で体験してみる時間がありました。

パーフェクトビューティーという機能は、自分の顔を正面、横、下向きで撮影した後に、目の大きさや顔のサイズなどを修正できる機能なのです。

これが結構すごくて、一度登録してしまえば、他の人とのツーショットを撮った時にも、自分だけパーフェクトビューティーのエフェクトをかけた状態で撮影することができるのです。

これはかなり極端な例ですが、こんな感じに宇宙人みたいにできます笑

img_5254

カメラ機能がすごいすごいと言っていますが、もう少しUIがわかりやすく改善されるといいなあ思いますね。

それでも、マニュアル撮影のような感じで、絞りとシャッタースピードをデフォルトで調整しながらの撮影や、バルブモードのようなものがあるのはカメラ好きも納得できるところかなと思います。

まとめ

というわけで、今回はHUAWEIのP9のご紹介でした。

HUAWEIのハイエンドスマートフォンP9はカメラがすごいすごいと言っておりますが、触ってみると細かい撮影モードなど含めてやはり結構魅力的だなと感じることができました。

興味がある方は、ぜひ家量販店などで触ってみてはいかがでしょうか?

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。