島崎藤村ゆかりの宿『中棚荘』でほっこり小諸を満喫してきた!

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

12月某日にプレスツアーで長野県は小諸市にある、あの島崎藤村ゆかりの宿『中棚荘』さんに宿泊して、小諸の魅力を体感してきました。

とてもよい旅館だったので、魅力をご紹介させていただきます。

ヤギとワンちゃんがお出迎え!

中棚荘は小諸駅から徒歩で10分ほどの所にある、創業が明治31年(1898年)118年目を迎える老舗の旅館です。

木造2階建ての昔ながらの佇まいに、どこか懐かしさを感じずにはいられません。

nakdanasou1

ちょうど玄関の向かい側には、ヤギのドキンちゃんと犬のリボンちゃんが出迎えてくれます。

かわいい、入る前から癒されるとはなかなか予想外でしたね。

気持ちがほぐれる暖かい雰囲気を随所に感じる

中に入り、フロントとおみやげコーナーの隣にあるラウンジはとても暖かい雰囲気で気に入りました。

nakdanasou4

島崎藤村の書籍などが並べられた本棚の近くには、暖炉もあり薪をくべることもできます。

パチパチと心地良い音がする暖炉の火を見ているとそれだけで落ち着いた気持ちになって、眠くなってしまいますね。

nakdanasou5

ここではサイフォンで温泉水を使ったコーヒーも飲むことができます。

綺麗な景色をバックにサイフォンで淹れらるコーヒーを眺めているのも良いですね。

大正館と平成館2つの新旧客室が選べる

中棚荘には大正館と平成館2つの客室があります。

大正館は1階と2階で全9室、なかでも島崎藤村が『千曲川旅情の詩』を執筆した部屋を復原した、藤村の間はとても人気のお部屋です。

nakdanasou8

私が宿泊したのは、平成館の和洋室です。

決して豪華なお部屋というわけではありませんが、トイレや部屋風呂などの施設はどれも綺麗で、とても居心地の良いお部屋でした。

nakdanasou11

りんごがプカプカ!初恋りんご風呂

続いてはお風呂のご紹介です。

中棚荘の温泉の湧出は1998年で、カランはもちろんのこと館内客室やトイレの蛇口から出る水も温泉なのです。

入浴可能時間は11:30〜翌10:00とのことで、何度でもたっぷりと温泉を楽しむことができます。

温泉の入り口は、平成館の中ほどにあります。

nakdanasou18

石段を50段ほど上がらなければいけないので足腰が弱い方にはちょっときついですね。

私個人的にはこの温泉へ向かう道が結構好きだったんですけどね。

こちらが内風呂の様子です。

nakdanasou21

湯船にプカプカ浮かぶりんごは、島崎藤村の「初恋」をイメージした初恋りんご風呂。

なんだか不思議な気分になります。

nakdanasou17

露天風呂の竹筒は源泉掛け流し、内風呂と露天風呂ついつい長湯をしたくなるお風呂でした。

上品で満足度の高いお食事

私が中棚荘で何より気に入ったのが夕食と朝食です。

この宿泊価格とは思えない上品でとても美味しい料理の数々は、本当にまた泊まりたいと思える理由の1つですね。

セッティングされた夕飯の準備に心が躍ります。

nakdanasou32

5代目の当主・富岡正樹さんと息子さん富岡隼人さんが中棚荘が所有するブドウ畑で丹精込めて作ったブドウを原料にした、中棚ワインを贅沢にいただきます。

本当に中棚荘のご飯はどれもが美味しい。

この価格では到底想像もできなようなクオリティの食事に超満足。

総料理長、米田伝雄さんの料理を是非一度は味わってほしいですね。

朝食ももちろん美味しく、美味しいとろろでテンションが上がって、ご飯をお代わりしちゃいました。

ああ〜またあの美味しいご飯を食べたい。また行きたい。

nakdanasou31

まとめ

本日は長野県は小諸市にある老舗旅館、『中棚荘』のご紹介でした。

とっても落ち着けて温泉やお料理など、良いところが沢山の中棚荘ですが、実は今回のツアーでは中棚荘で働くご主人、女将さん、息子さん、そして従業員の方々と沢山お話させていただきました。

そのなかで、ここで働く人たちは、お客様のことを本当に考えて営業をしていると強く感じました。

正直まだ温泉に行きなれていない若い方なんかは、温泉旅行に行こうと思いたっても、何を基準に宿を決めていいかわからない人がほとんどだと思います。

そんな方たちにも自信を持ってオススメできる旅館でした。

是非興味が出た方は、足を運んでみてくださいね。

今回のプレスツアーで訪れた場所はほかにもたくさんあるので、また記事にしてご紹介したいとおもいます。

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをして、コメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

 

 

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

2 comments

Leave Comment
  1. Pingback: 島崎藤村ゆかりの宿『中棚荘』でほっこり小諸を満喫してきた! | ニッポン旅マガジン

  2. Pingback: #小諸たのしー プレスツアー【2016年12月開催】 | プレスマンユニオン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。