HUAWEI MateBook スタイリッシュな2in1Windows機がなかなか魅力的

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

先日、HUAWEI JAPAN Touch and Try Tour 2016 『モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング』東京会場に参加してきました。

そこでHUAWEI MateBookを触ってきましたのでご紹介したいと思います。

HUAWEI MateBook

こちらがHUAWEI MateBookです。

HUAWEI MateBookはHUAWEI初の2in1タイプのWindowsタブレットです。

なにより第一印象のスタイリッシュさがとても心惹かれるところです。

mateboook1

本体カラーはグレーとゴールドの2パターンのカラーバリエーション。

mateboook2

オプションのキーボードドッグはパネルブラック、ブラウン、オレンジ、ベージュの4種類となっております。

mateboook3

ディスプレイサイズは12インチIPSで解像度 2160 x 1440です。

満足のいく解像度ですが、本体のみの重さは約640g結構重いと感じます。

タブレット単体として利用するのはどうかな。

mateboook4

ですがこちらの別売りのキーボード(14、800円)と合わせると……。

なかなかにいい感じです。キーボードは元々セットでいいような気もするのですが……。

mateboook5

こんな感じで、カバーが本体を立てることによってノートパソコンのような形状になります。

ちなみに角度はもう1段階後ろに傾けることができます。

mateboook6

本体サイドには指紋センサーを搭載して、ワンタッチでアンロックすることができます。

さすがに会場で指紋登録することができなかったので、体験はできませんでしたが、かなり高速に動作するようです。

mateboook7

厚さは6.9mmで申し分なし、コネクタはUSB3.0 Type Cにイヤフォンジャック。

Dolby Audioのデュアルスピーカーを搭載しています。

タッチパッドの性能はとても良好。

この辺りは結構重要なところなのですが、個人的には十分な性能だと感じました。

mateboook12

キーボードは若干打ち辛いですが、バックライトを搭載している辺りは素晴らしい。

mateboook13

カバーを折りたたんだ状態だとこんな雰囲気です。

とても持ち運びやすいのですが、キーボードが約450gなので、本体とセットにすると1kgを超えてしまうんですよね。

ちょっとこの辺りは残念かと。

mateboook11

まとめ

本日はHUAWEI JAPAN Touch and Try Tour 2016 『モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング』にてHUAWEI MateBookを触ってみた感想をお伝えしました。

2in1の端末ですが、キーボードをセットにして、普通に持ち歩きの端末としてはとても使いやすそうなので、ちょと物欲を刺激されちゃいますね。

気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。