フェスやアウトドアに最適なベビーカーとしてBURLEYが素晴らしい

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

昨年のフジロックに参加した時にとても興味深いベビーカーを見つけたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Burleyのチャイルドトレーラー・ベビーカー

こちらがフェスやアウトドアに最適なベビーカーBurleyです。

チャイルドトレーラーとして、自転車と連結してお子様と一緒にサイクリングができるのですが、ベビーカーとしてもとっても有能なんです。

まずはこちらのYouTube動画をご覧ください。


とっても魅力的ですよね〜。
Burleyには2人乗り用1人乗り用など様々な種類があります。
個人的にはこちらの1人乗り用の『Burley SOLO』が日本人には合っているかな?と思います。

基本的なスペックはこんな感じです。

  
積載重量34kg
本体重量11.5kg
室内高さ64cm
室内幅56cm
シート幅41cm
ホイール20インチ
ハンドルバー高さ76−117cm
展開サイズ86cm×70cm×97cm
折り畳みサイズ95cm×70cm×32cm

フジロックやフェスアウトドアにおすすめな理由

それではなぜこのBurley SOLOがフェスやアウトドアにおすすめなのかご紹介していきたいと思います。

タイヤが大きい

まずは圧倒的なタイヤの大きさです。

日本を代表する野外ロックフェスティバルは苗場のスキー場で行われるのですが、会場は山の中なのでかなりの悪路です。

この条件で考えると通常のベビーカーだとお子様に与える振動も激しく、ちょっとかわいそうですよね。

ちなみに、『Burley SOLO』はそのままではベビーカーとして使うことができません。

オプションとして牽引部分にタイヤを付けてベビーカー仕様にします。

そのタイヤの部分も、ローラータイプではなく

このタイヤのモデルを使用したほうがアウトドアやフェス向きかと思います。

雨にも暑さにも耐えらる

フジロックは夏に開催されるので、日中の日差しや温度がなかなか厳しいです、山の上で天気が安定しないのでスコールのような雨が降ったりすることもよくあります。

そんな時に、Burley SOLOは全体がメッシュボディなので、風を通すのでとても涼しいです。

調整式サンシェードや防水カバーがもあるので、天候によって切り替えることで、お子様が過ごしやすくなります。

折りたたんで運ぶことができる

折りたたみ時のサイズは95cm×70cm×32cmとまあ折りたたんでも結構サイズは大きいのですが、車に入らないほどではないです。

アウトドアやフェスで使うには、折りたたんで車に乗せることができることは魅力です。

まとめ

本日はアウトドアやフェスに最適な、ベビーカーをご紹介しました。

なかなか高価ではありますが、これでお子様が快適に過ごせて一緒にフェスやアウトドアを楽しめると思えば安いものですね!

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。