FREETELのお手頃価格SIMフリースマホREIの開封と触り心地を感じてみる

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

先日FREETELのブロガーイベントに参加しまして、そちらでFREETELの新サービスの紹介を聞いたり、新商品である『FREETEL REI (フリーテル 麗)』を触ったりしてきました。

イベントレポートは以下のリンクからどうぞ。

FREETEL REI (フリーテル 麗)をブロガー向けイベントで触ってきた!増田社長の熱いトークと共に | ガジェとろ

そして本日はモニターとしてお借りした、『FREETEL REI (フリーテル 麗)』が届いたので、開封レビューとちょっとした使用感のご紹介をいたします。

FREETEL REI (フリーテル 麗)開封

こちらがFREETEL REIのパッケージです。

今までのフリーテルのパッケージより大きいですね。

ちなみに当ブログでも紹介した、FREETELのMIYABIはこういう小さい箱でした。

箱を開けるとREI本体とマイクロUSBケーブルと充電用のアダプタースタートアップガイドと、保証書が入っております。

スタートアアップガイドには、設定方法がわかりやすく記載されているので、あまり機械が得意ではない方にも安心かと。

本体についているフィルムをぺりぺりと剥がして…。

FREETEL REI (フリーテル 麗)触ってみると……

こんにちはREIくん!ツルツルピカピカだね。

背面はこんな感じです。良い質感で全体的にすっきりしていてかっこいいです。

薄くて軽くていいのですが、カメラの出っ張りが若干気になりますね。

置いたときにガタガタするし、カバーをつけていないとレンズを傷つけてしまいそうです。

私が普段使用している、iPhone 6 Plusと比較してみると……。

結構似ていますね。私的には角ばっているREIのデザインの方が好みですね。

 

アンテナの感度をよくするために入れられているスリットみたいなものはiPhoneのものよりラインが細く少ないですね。

端末上部にはイヤフォンジャックとマイク。

端末下部にマイクロUSBとスピーカがあります。

端末サイドのには音量ボタンと電源ボタン。

ちなみに音量ボタンはカメラアプリを起動していると、シャッターの役割にもなります。

反対側にはSIMとSDカードが入るトレイがありました。

電源を入れて使っていきましょう。

ちなみにFREETELの電源を入れたときのこのアニメーション結構好きです。

FREETEL REI 起動 #freetel

アリマックスさん(@takashiarima)が投稿した動画 –

おっ!SIMトレイを開けるためのピンが付いてる!ありがたい。

これをSIMトレイにぶっ刺してと。

こんな感じでSIMをいれるのですが、REIはmicroSIMとnanoSIM両方に対応しています。

というわけでいろいろといじってみると。

すごく手になじむ大きさで気に入りましたね。

画面サイズは5.2インチとiPhone6 Plusには若干劣るものの、それでも画面は大きいと感じます。

普段使っているiPhone6 Plusと画面のサイズは近いのに、圧倒的に持ちやすいなと思っていたのですが、なるほど結構横幅が違いました。これのおかげで持ちやすいんですね。

あとは角の面取りされているところが鏡面仕上げになっていて、いいなぁかっこいいなぁここ。

非常にわかりずらいですが、フロントパネルの部分は和柄が入っていたりとこだわりを十分感じることができますね。

まとめ

本日はFREETELの最新商品である、FREETEL REI (フリーテル 麗)の開封と簡単なご紹介でした。

なんか直感的に思ったのは、ワンボタンだしiPhoneのユーザーが使うAndroid端末としては非常に入りやすく、そこを意識して作られているのかなと思いました。

なんにせよこれで3万円は買う価値ありそうですね。

ゴリゴリ使ってみて、また使用感の方も詳しくレビューさせていただきたいと思いますのでお楽しみに!

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

その他のFREETEL商品のレビューは以下のリンクをクリックしてみてくださいね。

FREETELの公式サイトを見に行く



Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。