空中に浮かぶテント!?『テントサイル コネクトツリー』を実際に使ってみた!

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

先日、テントサイルジャパン様から空中に浮かせる、ハンモックの様なテント、『テントサイルコネクトツリー』をお借りして実際に使ってみたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

テントサイルとは

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テントサイルは、今までの地面に設営するテントとはちょっと違って、3本の木を支柱として使い、ハンモックの様に空中で浮かせて使用するテントです。

独特の浮遊感と、見た目のインパクトは圧倒的で、キャンプサイトで目立つこと間違いなしの斬新なテントです。

テントサイル コネクトツリーを開封

こちらのコネクトツリーは2人用モデルですが、テントサイルには他にも3人用のスティングレイというモデルもあります。

それでは、実際に収納時のテントから〜設営までを見ていきましょう。

コネクトツリー収納時

収納時のサイズは約49 x 20 x 20cmと一般的な2人用テントのサイズとほぼ変わらないですね。

conectと書いてあるロゴが可愛らしい。

コネクトツリー内容物、付属品

コネクトツリーの内容物は以下。

  • テント本体×1
  • 専用 ラチェットストラップ&ベルト×3
  • コネクトツリー専用レインフライシート×1
  • ポール×2

全体的にグリーンとオレンジの2色で統一されています。

普通のポールを使って地面に立てるテントに比べて、ポールの数が少なく、ペグも無いのでごちゃごちゃしなくてシンプルで良いですね。

本体のテントは二等辺三角形に近い形をしていて、2人用だからそんなに大きく無いだろうと思っていたのですが、2.6m x 4.2m x 4.2mなかなかの大きさにビックリ!

グリーンの方が本体で、オレンジ色の方がフライシートです。

テントサイル コネクトツリー 設営方法

はやる気持ちを抑えながら、設営していきましょう。

今回は家の裏庭で建ててみたいと思います。

まずは設営場所ですが、基本的に二等辺三角形の各頂点を木で引っ張っることになるので、いい具合の木がある場所で設営することになります。

林にあるテントサイトで、一応木を使って設営するために、キャンプ場に事前に確認しておいた方がいいかもしれません。

設置する木を決めたら、まずはこちらのベルトを木に取り付けていきます。

地上から1.2mくらいの所に取付けるのがちょうどいいそうです。

丸まっているベルトの片側はリング状になっているので、反対側を通して木に括りつけます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちょうどこんな感じで、3本の木にベルトを括り付けます。

続いて、専用ラチェットをテント本体に付けていきます。

ラチェットベルトの方も片側がリング状になっているので、テント本体の頂点部分についている、鉄のリングに通します。

ラチェットベルトを付けたテントの頂点3箇所と、木に括り付けたベルトを接続していきます。

説明書にはラチェットの上から下にベルトを通すと書いてあったのですが、間違えて下から上に通してしまいました。

テントサイル設営中

アリマックスさん(@takashiarima)が投稿した動画 –

ラチェットをカチャカチャしながら、ベルトを締めていきます。

3箇所全部締めたらこんな感じになります。

ここをしっかり張らないとテントの中に入った時にふにゃーとなってしまいますので、3箇所のバランス良くしっかりと張りましょう。

ポールは2本、ホールに先端を刺して、クロスさせます。

こちらが設営完了した感じです。

本来であれば、この上にフライシートをかけるのですが、今回はこのままで。

晴れている時は、圧倒的にフライを外して中で寝転ぶのが気持ちがいいです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ちなみに、フライを被せた状態だとこんな感じになります。結構スタイリッシュですね。

フライシートの耐水圧は3000mmと十分です。

画像引用:http://www.tentsile-japan.com/item/connect-tree-tent

コネクトツリーの使用感

コネクトツリーの中に入ってみると、本当にハンモックのような浮遊感を感じることができます。

最初はちょっと不安だったのですが、最大荷重は400kgなので安心です。

二人用とはいえ、なかはかなり広々としています。

甥っ子を中に入れてみたのですが、もう大はしゃぎ!

確かに私が子供の頃にこんなテントがあったら嬉しいだろうなと思いますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中にはポケットなどがあり、小物を収納もできます。

ちなみにメッシュの部分はかなり自由度高く開閉することができます。

画像引用:http://www.tentsile-japan.com/item/connect-tree-tent

コネクトツリーのスペック

コネクトツリーのスペックは公式サイトを参照のこと。

  • サイズ:2.6m x 4.2m x 4.2m
  • フロア面積:4.5平方メートル
  • 雨に濡れないポーチエリア(地上面積):4.5平方メートル
  • 出入り口:4カ所
  • バッグのサイズ:49 x 20 x 20cm
  • 高さ:100-120cm
  • ユニット重量:6.5kg
  • ポールx 2本:直径8.5mm、陽極酸化アルミニウム合金
  • ルーフ:破れにくい虫よけメッシュ

引用:http://www.tentsile-japan.com/item/connect-tree-tent

まとめ

本日はテントサイルジャパン様にお借りした、コネクトツリーを実際に使ってみました。

なかに入ると浮遊感が楽しく、楽しいキャンプにさらにインパクトを与えるとができます。

ぬかるんだ地面で設営できない何てことからもオサラバ!

またお子様にも大人気のテントになると思いますので、気になる方は是非購入してみてください。

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

木に固定して、地面から浮く、世界で1番ユニークなテント!



Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。