アマノフーズの『畑のカレー』お湯を注いで60秒で本格的なカレー!

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!七ブ侍臨時木曜担当アリマックスです。

本日は木曜日ですが、私アリマックスが臨時で七ブ侍を更新させていただきます。

先日スーパーをいつものように物色していたら、馴染みのあるアマノフーズのさんから、フリーズドライのカレーが発売されていたので、おもわず買ってしまいました!

というわけで本日はアマノフーズさんから発売された『畑のカレー』をご紹介したいと思います。

アマノフーズ『畑のカレー』

アマノフーズさんといえば、美味しくて手軽なフリーズドライの商品を中心に扱う会社で、私もイベントなどに参加させて頂いたことがあります。

アマノフーズのフリーズドライの具を本格中国料理人の元へ持っていくとどうなるのか試してみた。 | ガジェとろ

アマノフーズさんのフリーズドライ製品は本当に美味しくて、クオリティが高いのでカレーも楽しみですね…。

こちらが『畑のカレー』です。

味は私が見たところ、ひきわり豆のトマトカレーとたっぷり野菜と鶏肉のカレーの2種類が販売されていました。

どちらも熱湯を注いで約60秒で本格的なカレーが食べられます。

カロリーはどちらの味も200kcalちょっとで、糖質も10g位。

あれ?ダイエット中のカレーとしてはなかなか優秀なんじゃないですかこれ?

『畑のカレー』作ってみる

というわけで『畑のカレー』を作っていきましょう!

まぁ作るって言ったってお湯をかけるだけなんですけどね笑

パッケージを開けると、フリーズドライの商品と、カレーを入れるお皿がついております。

洗い物は減って嬉しいけど、器がゴミになっちゃいますな。

袋を開封すると、思ったより大きいフリーズドライのカレーがお目見えです。

こちらを付属の器に入れて、あつあつの熱湯を内側の線まで注ぎます。

ここは実際に作ってみて思ったのですが、熱湯を注いだら手早く丁寧に混ぜましょう。

うまく混ざりきらないと、カレーのダマみたいなものができてしまいます。

というわけでしっかりと混ざったら完成です。

『畑のカレー』食べてみる

それでは完成したカレーを食べていきましょう。

やはりカレーにはご飯を添えてっと。

どうでしょうか?こちらはたっぷり野菜と鶏のカレー、辛さは中辛ぐらい。

何よりアマノフーズさんお得意のフリーズドライ食材であるナスがごろっと入っています。

相変わらずナスうまい。

カレー自体はスパイシーなチキンカレーですがしっかり日本人向けにコクととろみがつけられています。

フリーズドライでこのとろみがつくのすごいなぁ。

こちらはひきわり豆のトマトカレー。

たっぷり野菜と鶏のカレーとは違って、トマトの酸味とジューシーさを楽しむことができます。

よく水を使わずに、ホールトマトを入れて作るカレーってあるじゃないですか、あんな感じの声がします。

 

まとめ

本日はアマノフーズさんの『畑のカレー』をご紹介いたしました。

カロリーが低めで、持ち運びも便利、オフィスでもお湯があれば60秒で作れてしまうので、お弁当に持って行ったりするのもとてもおすすめです!

気になる方は是非購入してみてくださいね。

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをして、コメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

七ブ侍のコンセプトは「毎日誰かが記事更新」です。

それぞれの曜日担当が必ずその曜日に#七ブ侍のハッシュタグ付きで記事を更新することで「ブログを書く習慣を身に付ける」そして「ブログを楽しむ」事を目的としているブロガーグループ、コミニュティです。

さーて明日の七ブ侍は金曜日担当のアリマックスの登場です!頑張れ私!

 

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。