iPhone5のバッテリー交換を自力でやってみた

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

本日はiPhone5のバッテリー交換を自力でやってみたのでその様子を簡単にご紹介します。

私は作業が初めてでしたが、昼休みの30分を使ってサクッと交換出来てしまったので、気になっている方はチャレンジする価値はあるかと思います。

※このページを参考に交換をして、不具合等が発生してもこちらでは一切責任を取れませんので自己責任でお願いいたします。

iPhoneのバッテリー交換は高い!

iPhoneのバッテリー交換は、AppleCare+に加入していて、検査した時に電池容量が当初の50%以下に低下している場合は無料ですが、それ以外の場合は7,400円(税別)の金額がかかってしまいます…。これはちょっと高いですよね、しかしamazonや楽天で交換用バッテリーを購入すれば半額以下で済みます。

iPhone5のバッテリー交換を自力でやってみた

まず今回購入したセットに入っていたものはこちら、パーツをはがすツールが2つ、外装の特殊なネジを外すドライバーと、内部のネジを取り外すドライバー、ディスプレイを外す為の吸盤と、謎のギターピック。

まずは電源を切ってから、外装のネジを外します。左側は外した状態、特殊なネジ山になっているので、専用のドライバーで外しましょう。

吸盤をiPhoneの下部に張りつけ、そのままはがします。

注意:上部に配線がくっついているので、そこを切らないように気をつける事

上部が配線されている状態で開いたら、右側のカバーを3カ所のねじ止めを外して、銀色のカバーを取ってしまいます。

カバーを取ったら工具で優しく、3カ所の配線をはずします。

こちらは外した状態のディスプレイ側

外した状態の本体側

これは余談ですが、カメラのレンズにほこりが入っていたのも今回綺麗にしました。

続いてバッテリーは繋がっている、配線のカバーを外します。2カ所のねじ止めと銀色のカバーを外せばOKです。

私は3カ所外してしまいましたが、2ヶ所で問題ないです。

そうしたら、後は透明なビニールを引っ張ってバッテリーを外すのですが…べったり張り付いていて剥がれないので、工具を使って隙間を少しづつつくって接着面をはがしました。

とここで新しいバッテリーの登場です。

本当に正規品みたいですねえ

実際は分かりませんが…。

後はバッテリーを戻して逆行程でそれぞれ締めていけばOK!

ついたーっ!

まとめ

という訳で初めてでしたが、ものの30分もかからずに交換できちゃいました!おおむねバッテリー持ちは回復しましたが、新品とはいえないような気がします…。

それでも前よりは良くなったので満足です。興味がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。