WiMAX2+の速度とエリアをTry WiMAXキャンペーンで実際に計測してみた

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです!
今回はTry WiMAXキャンペーン(WiMAX2+を無料で15日試す事ができる)を体験してみて、WiMAX2+の速度を実測値で計測してきましたのでご紹介したいと思います。

Try WiMAXキャンペーン試す経緯

今回このキャンペーンに参加した経緯は、私の自宅のWi-Fiが部屋の隅々まで満足に飛ばないので(現在はj:comの160MのCATV回線をWi-Fi利用しています)モバイルルータを1つ購入して、自宅のWi-Fi環境をより良い環境にと考えたためです。そこでWiMAX2を調べていたころ、今回Try WiMAXキャンペーンをたまたま見つけたので、WiMAX2+の実力を体験してみました。どんなものだったのかコチラでレビューしたいと思います。

端末が届いたぞ

コチラのリンクからTry WiMAXのキャンペーンに応募しまして、翌々日にはもう端末が来ました!はやーい!

HWD14

今回はWiMAX2+の実力を検証するためにレンタルした端末はHWD14です。これ以外は今のところWiMAX2+に対応していないはず。

でてきた!大事そうにはいってますね。

中身はこんな感じ返送用の宛名が入った送り状があるので、返却は送られてきたダンボールにそのまま入れ直して、送り状と共に返送すればいいのでかなり楽チン!

それでは見ていきましょう。まずは正面から

裏側

横にはマイクロUSBの差し込みこっから充電します。

電源ボタンとマイクロSDカードスロット

付属のケーブル類、貼ってあるシールが、自分の物と混同防止に役立つ。

さてWiMAX2+計測してみようじゃないか!

それぞれ測定方法としては、数回測定をして平均を出しています。環境や日時に大きく左右される事もあるので、参考程度にお考え下さい!

端末に私の顔が映り込んでますが気にしないでください。

東京世田谷の自宅で測定(コンクリ建造)

自宅の自室Wi-Fi環境の調子が良い時で、だいたい平均13Mbps位ですので今回はそのあたりが基準値になると思います。

WIMAXで計測

平均 下り:14.65Mbps 上り:1.28Mbps

無制限のWiMAXでこの数値は結構いいんじゃないでしょうか?これと比べてしまうと、自宅のWi-Fiの弱さよ…。

WiMAX2+で計測

平均 下り:25.84Mbps 上り:4.08Mbps

WiMAX2+が自宅で入るのはなかなか嬉しいが、欲を言うともう少し(30~40Mbpsあたり出てくれると嬉しかった)あとはやはり7GBの制限があるので、自宅のWi-Fiの様に気にせず使えないのはストレスかなぁと…。

まとめ

他にも実は色々な所で実測値を測定したので、全てを書き記そうとしたのですが、試行回数やタイミングでかなり変化があるので、まとめとしてお伝えしたいと思います。

WiMAX2+は基本的にはあまり入らない印象でしたが、入るところでは20〜30Mbpsの速度をたたき出してくれます。室内や地下鉄等ではほとんど入りません。WiMAXは基本どこでも入りますが、地下鉄のホーム間では接続が切れる事があります。速度は10〜20MbpsでWiMAX系が入らない所に関してはLTEがほぼ完璧にカバーしてくれる用になっています。LTEは5〜15Mbpsくらい速度ですかね。

ポイント

  • WiMAX+2は予想より入る場所が少ない
  • WiMAX+2は入ればそれなりの速度が出る
  • WiMAXとLTEを使えばほぼ100%エリアはカバーできていると思う
  • WiMAX+2とLTEに7GBの制限がなければ最高

という訳で今回Try WiMAXを利用してみた印象はこんな所でした。ぜひみなさんの住んでいる所でもTry WiMAXキャンペーンに参加して実測値を計って見てはいかがでしょうか?

超速モバイルネットWiMAX 2+誕生!【期間限定:商品券3,000円+ガチャムクグッズのプレゼント】



Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。