wacomの次世代デジタル文具!「Bamboo Slate」と「Bamboo Folio」の先行体験イベントに行ってきた

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

先日、株式会社ワコムさんとiWireさん共催による、「Bamboo Slate」と「Bamboo Folio」の発売前先行体験イベントに参加してきました。

デジタルとアナログが融合した、新しい次世代文具に大興奮してきたのでご紹介したいと思います。

手書きのノートがボタン1つでデジタル保存できる!

今回先行体験で紹介された、「Bamboo Slate」と「Bamboo Folio」ですがサイズと外装に違いはあるものの、機能は全く同じです。

こちらがBamboo Slateの商品でサイズは2種類でA4サイズ、もしくは A5サイズ。

bamboo4

なんていうんですかね、まな板のようなストレートタイプでメモを挟んで使用します。

こちらがBamboo Folio。

同じようにノートを挟んで使用するのですが、大きさはA4サイズで、カバーで2つ折りになるタイプ。

bamboo6

持って見た感じはこんな感じで、結構大きいなあと感じますね。
bamboo1

Bambooノートパッドで何ができるの?

こちらのBambooノートパッドですが、専用のボールペンを使って、ノートに書いた文字や、絵をボタン1つで自分の持っているスマートフォンやタブレットに転送して、保存・編集・管理等をすることができます。

会議中にちょこちょこっと書いたメモを保存したり、手書きのイラストをデータ化したいなど、使う方の想像力次第で色々広がりを見せる商品です。

実際に使ってみたイメージはこちらの動画を見たらわかりやすいかもしれません。

wacom のBambooノートパッドまじヤバイ

アリマックスさん(@takashiarima)が投稿した動画 –

ノートにボールペンで文字やイラストを書いたものが、本体のボタンを1つ押すと、同期をかけたスマートフォンにデータが飛んで、保存されます。

Bambooノートパッドのここがすごい!

ノートに書いた文字が、ボタン1つでスマートフォンやタブレットに保存されるだけで、未来感を感じてすごいなぁと思ったのですが、私がすごいなと思った特徴を幾つかピックアップしたいと思います。

厚さが8mmまでのノートであれば、好きなノートを使うことができる。

文房具にこだわりを持っている方も多いと思いますが、厚さ約8mm位のノートであれば、なんでも使うことができます。

なんなら、チラシの裏なんかを使うことができるので(置いてある位置はずらさないように注意)パッっとアイデアやイラストが思いついた時に、Bambooノートパッド本体はあるけどノートがなくても、アイデアを忘れることなく保存できます。

ライブモードを使うと、リアルタイムで書いた内容が反映される。

ライブモードという機能を使うと、書いている内容が、リアルタイムでスマートフォンやタブレットに反映されます。

ペンタブレットや、イラストソフトなどを使っている感覚をイメージしていただければわかりやすいかもしれません。

ベクタ形式でエクスポートできるので、Illustratorなどで使うことができる。

イラストを描く方にはありがたい機能かもしれません。

保存したデータは、ベクタ形式で出力することができるので、Illustratorなんかにそのデータを入れて、さらに編集などが可能です。

書いた文字を、文字データに置き換えることができる。

スマートパッドにバンドルされている、Inkspaceというサービス(一部有料)の中のInk to Textという機能を使えば、 手書き文字をテキスト変換。することができます。

結構精度が高いので、これは嬉しい機能ですね。

書いた文字をステップごとに分割、編集できる。

すでに書き終わったデータでも、ステップごとに戻ったり進んだりして分割、編集ができるのがなかなかすごいです。

書いたテキストを戻ったり、分割したりできる!

アリマックスさん(@takashiarima)が投稿した動画 –

ブロガー・ライターの私が考える使い方

私はブロガー・ライターをやっているのですが、私がこの商品を手に入れたら、こんな風に使いたいなぁと考えたことをつらつらと。

例えば、ブログの中に手書きのアイキャッチを入れたい場合に、わざわざスキャナーを取り出したりしないで、すぐにデータ化された画像をiPhoneからブログに使用できるのはすごく魅力的ですね。

絵は得意ではないですが、これなら積極的にチャレンジしてみたいなと思います。

あとは企画を考えたりするときに、ノートに手書きで色々と書きながら進めるのが捗るのですが、ノートでアイデアを出して、決まった企画リストをそのままささっと書き出して、テキスト変換すれば、メールやメモなどにコピーして貼り付けられるので、他の人とやりとりするときも、とっても効率的ですね。

SNSで聞いてみた疑問点など

SNSでBambooノートパッドを使った動画をアップした時に、結構反響があったので、何か疑問点などがないか聞いてみました。

読み込みに失敗する可能性は?

何ページか書いてみましたが、一度も失敗することはありませんでした。

ちなみに、本体にメモリ機能も付いているので、本体の電源を入れることさえ忘れなければ、あとから転送することも可能です。

予備のペン先は?

ペン先はボールペンなので、インクがなくなります。

Bambooノートパッドにはあらかじめ、3本の専用ペン先が付属しています。

なくなっても交換用のインクカートリッジはwacomストアから購入することができます。

絵が描ける?

私は絵を本格的に書いているわけではないので、詳しくはわかりませんが、簡単なイラスト程度であれば全く問題ないと感じました。

まとめ

魔法のようなアナログとデジタルを融合した次世代ノートパッド!

「Bamboo Slate」と「Bamboo Folio」は11月1日発売です。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

インフルエンサーワイヤー

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

1 comment

Leave Comment
  1. Pingback: Bambooを購入して、旅行に行けるチャンス!?「時短でゆる旅キャンペーン!」で5万円分の旅行券が当たるかも! | ガジェとろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。