ハイスタ(Hi-STANDARD)が16年ぶりにリリースした音源の感想とか想ったこと

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

2016/10/04この日は私の人生の中でも忘れられない1日になると思います。

だってだって、ハイスタが16年ぶりの新作音源をリリースしたんですよ!

ハイスタ

新しい音源の事は、確かにメンバーがライブで口にしてはいたんですが、(下記動画22:00あたり)てっきり年末のエアジャムで初披露、その後音源発表という流れを予想していたので、まさかこんな……こんなうれしい展開になるとは。

ととととにかく早速聞いてみたので、感想を書きたいと思います。

ちなみに筆者はハイスタ大好き30代前半の完全にハイスタ世代ハイスタ大好きっ子という前提なので、一切否定とかしないのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

ANOTHER STARTING LINE

ハイスタンダードの16年ぶりのニューシングル「ANOTHER STARTING LINE」は2016/10/04に発売されました。

  • TOUCH YOU
  • ANOTHER STARTING LINE
  • NOTHING TO LOSE
  • RAIN FOREVER

上記4曲が入ったシングルはPIZZA OF DEATH RECORDSからのリリースで、価格は税込み1,236円

TOUCH YOU

初期ハイスタンダードを思わせるシンプルで疾走感のあるサウンドでありながら、Gt.の横山健氏のテクニカルなギターリフとソロはKenBandなどを経て形成された部分と入り混じって進化したハイスタンダードといった感じ。

歌詞には、何が起こるかわからない世の中を憂うでもなく、とにかく生きている事をただただ感じろという意味があるのかなと。

NOFX OFFSPRING GREENDAYとか思い出すなぁ90年代パンク感でアラサーの私歓喜。

ANOTHER STARTING LINE

メロディアスで切なさを含んだハイスタらしいサウンドでコーラスワークは昔を思いだしてああ泣ける。

表題曲にもなっているこの曲は、とにかく歌詞が良い、ハイスタの再結成、その想いが詰まっているような曲です。

歌詞カードを見ながら聞きましょう。

NOTHING TO LOSE

激しいギターリフから始まる、こちらも疾走感のあるサウンド。

少しフワッとした要素のある1曲目2曲目とは打って変わって、迷いを感じているオールドキッズに対して気持ちを奮い立たせるような、おい一歩踏み出せよと、背中を押すような雰囲気の曲ですね。

RAIN FOREVER

最後の4曲目は後期のハイスタを思わせるような、比べるのもちょっとあれですが、mosh under the rainbow的な雰囲気を感じる。

一歩踏み出したキッズに「失敗してもいいんだよ」という暖かさとい包容力を感じる楽曲ですね。

RAIN FOREVERの歌詞に、「この雨も永遠に続かない」とあるので、これはもしかしたらmosh under the rainbowへつながる歌かもしれませんね。(雨はいつか上がる→雨があって虹が出る→mosh under the rainbow)

まとめ

歌詞を読み込んでみると、一貫したテーマを持ったシングルという感じがひしひし伝わってきました。

ハイスタンダード再結成の経緯というか、あの時の想いが詰まったような1枚だと感じました。

ハイスタのニューシングル発売のツイートを見て、居ても立っても居られなくなって寝巻きで、洗濯機を回したままだったけど、新宿のタワレコに走って、小走りで帰りながら、帰りの電車内でCDのパッケージを開けるなんて、こんな気持ちは何年ぶりだろう。

そう、16年ぶりだよ。

思い出させてありがとうハイスタンダード!

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。