赤坂「會水庵(かいすいあん)」で穴子とふわふわたまごの丼の衝撃

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

ふわふわに焼き上げられた穴子と、さらにふわふわの玉子焼きを一緒に乗せた丼って食べた事がありますか?

私は今までそんな丼は食べた事がないし、なかなかイメージするのもむずかしかったのですが、今回赤坂にある「會水庵(かいすいあん)」で見た目も味もしっかり満足できる穴子玉子ふはふはを食べてきたので、是非ともご覧いただきたい。

赤坂 會水庵

赤坂會水庵は赤坂駅から5分ほどの場所にあります。

すこし路地を入ったところにあります。

シンプルでオシャレな佇まい。

平日の昼間、13:30に入店しました。

ランチの営業時間は11:30〜14:00となっています。

ラストオーダーギリギリかな?と思ったのですが、にこやかに迎え入れていただきました。ありがたい。

席数は座敷がが4人くらいが座ることができる2席と、カウンターを含めた15席程度です。

お昼時は行列ができることもあるので、来店する時間はオープンしてすぐのほうがいいかもれませんね。

穴子丼を中心としたランチメニュー

ランチメニューは穴子丼が3種類と焼いわしどんぶりが2種焼き鳥そぼろどんぶりとなっております。

うーんどれにしようか迷いますね。

夜の営業のメニューも置いてありました。

夜はコース料理になるそうです。

こちらの画像は9月のサービスコースだそうです。

魚を中心とした、メニューでサービスコースは5,000円。

なかなかに気になるラインナップで夜も是非訪れてみたいですね。

焼き穴子玉子ふはふはがヤバイ!

ランチメニューの中から、焼き穴子玉子ふはふはをチョイス。

ふはふはってなんだろうと思ったのですが、どうやらふわふわと読むらしいです。

焼き穴子とふわふわ玉子の丼がどんなものかというと……。

こちらです!!

ドギャーン!冷奴と小鉢、お味噌汁も付いてきております。

ちょっとみてくださいよこの見た目。

どーんと丼からはみ出るほどの一本穴子の上に見ただけでそのふわふわ感が伝わってくるような玉子焼がどーんとのっております。

うわぁなんてうまそうな。

お箸で玉子を持ち上げるとふわふわで優しい香りとともにホワホワの湯気が上がります。

満を持していただきます!

むおおおおお。

これが玉子焼き!?焼かれているのに、固いとことろが全くない。

あまりのふわふわ感で口の中から伝わって身体中がふわふわになってしまいそうです。

ふわふわ玉子でびっくりしている場合ではありません。

香ばしく焼かれたあなごもふわふわです!なんだこれ。

ふわふわだ全部ふわふわだ!

ふわふワンダーランド開園15周年記念式典って感じですね。

お米もしっかりホクホクで、固すぎず柔らかすぎず、いつまでもアツアツです。

少し甘めのタレがたっぷりかかっているのですが、これがまた薄味で玉子、穴子、ご飯それぞれの素材の味をしっかりと引き出しています。

箸が止まらず、無我夢中で口の中に運んでいたら、すぐになくなってしまいました。

ああ美味しかった。

ごちそうさまでした。

まとめ

見た目も味も、満足できて食べ終わった後にとっても幸せな気持ちになることができる、焼き穴子玉子ふはふは、赤坂にお立ち寄りの際は、是非食べてみてはいかがでしょうか?

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

赤坂 會水庵 店舗詳細

住所:東京都港区赤坂6-4-15 シティマンション赤坂 1F
定休日:土日祝
電話:03-3505-2369
営業時間:11:30~14:00(L.O13:30)予約不可 18:00~23:00(L.O.21:00)

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。