五十嵐創料理長が腕をふるう『広味坊 千歳烏山本店』で絶品中国料理を食べてきた

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

先日、千歳烏山にある本格的中国料理のお店『中国料理 広味坊 千歳烏山本店』にて試食会に参加してきたので、その様子をご紹介したいと思います。

実は広味坊の事は、以前にも記事にしています。

こちらも是非読んでみてくださいね。

千歳烏山『広味坊』で食の概念が変わる程の中華を食べて来た! | ガジェとろ

中国料理 広味坊烏山本店店

千歳烏山の駅から徒歩で7分〜8分くらいの場所にある中国料理 広味坊 千歳烏山本店は、日本橋三越店や仙川店、上祖師谷店と展開している広味坊の本店ということで、他の店舗にはないメニューも沢山用意されているお店です。

広味坊外観

絶品中国料理をいただく

それではいただいた料理を紹介していきましょう。

水餃子(700円)はモチモチの食感がたまらない

餃子といえば焼き餃子!というイメージの方は多いと思います。

しかし広味坊では餃子といえば水餃子なんです。

まずは水餃子をいただきます。

ちなみに水餃子のタレは以下の4種類から選ぶことができます。

山西式・黒酢・ニンニク・パクチー・辣油

香港式・沙茶醤ベースの酢醤油

四川式・胡麻・薬味・辣油

日本式・大根おろし・酢醤油

水餃子

この水餃子。

おいしい。

湯気をまとったツルツルプリプリに光る水餃子はとにかくかぶりつきたい衝動を抑えるのがやっと。

我慢できずに頬張ると溢れる肉汁が口の中を流れていきます。

そして皮の食感がすごいモッチモチ!こんなモチモチの餃子は食べたことがありません。

個人的に気に入ったのは、四川式・胡麻・薬味・辣油のソースですね、胡麻の濃厚な香りがさらに美味さを引き立てます。

焼き餃子(750円)今後発売予定を先取り試食

こちらは今後売り出していく予定の焼き餃子です。

特別に試食させていただきました。

焼き餃子

餃子1つのサイズが普通よりかなり大きくボリュームがあります。

持ち上げると重みを感じますね。

パリッと焼かれた綺麗なな焼き目と、香ばしい香りを感じながら口の中へ。

こちらもこちらですごく皮が美味しい。

焼き餃子なので最初はパリッとした食感ですがすぐにモチモチの食感に変わります。

餃子はぜひ皮に意識を置いて食べてみていただきたいですね。

小籠包(900円)は溢れ出る肉汁スープを赤酢でさっぱりと

小籠包はやはり熱々のスープをはひはひ言いながら食べるのが最高ですよね。

小籠包

この赤酢としょうがを一緒に食べると良いそうで……。

赤酢

レンゲの上で小籠包を突くと溢れる肉汁スープ!

あちちと言いながら、ゆっくりスープを味わえば、濃厚さにしびれて動けなくなりそうな美味さ。

我に返った所で赤酢と一緒にまとめてお口へドーン。

最高。

優しい!超優しい!生うにとタラバガニと百合根の卵白炒め(2,200円から)

続いての料理はこちら、生うにとタラバガニを使った贅沢な炒め物です。

この料理はすごい……。

濃厚さと、クリーミーさとふわふわで優しさを感じる。

味はもちろん美味しいんですが、圧倒的な優しさに身をゆだねたくなる。

思わず目をつぶりたくなる。そんなお料理でした。

生うにとタラバガニと百合根の卵白炒め

刺激的な美味さ!柔らかスペアリブスパイス炒め(2本1,400円)

中国料理でスペアリブなんて珍しいですが、美味しければもうなんでもいいんですよ。

こちらは20種類のスパイスに漬け込んだスペアリブを炒めたメニューなのですが……。

柔らかスペアリブスパイス炒め

これが香ばしい香りで、食らいつくともうスパイス同士が力を合わせてものすごい複雑な味を表現してくるんですよ。

食感もサクッとカリッとふわっとほくっと複雑すぎて楽しい。

料理でこんな楽しさを感じられるとは驚きです。

柔らかスペアリブスパイス炒め寄る

甘鯛のパリパリ鱗揚げ四川香り炒め

足を運んだ時にはぜひ食べていただきたいのがこちらの甘鯛のパリパリ鱗揚げ四川香り炒めです。

甘鯛が鱗ごと揚げられていて、ニンニクの芽やパクチー、唐辛子、八角、花椒などとともに炒められているこのメニュー。

鱗まで揚がっているのですが、そのサクサクとふわふわの甘鯛の食感のコントラストに加えて、スパイス達の刺激で味覚をビンビン刺激してきます。

ぜひ食べていただきたい逸品です。

甘鯛のパリパ揚げ四川香り炒め

麺類4種はお腹がいっぱいでも無理やり〆に頼みたい

最後は麺類を四種類いただきました。

  • 幻の麺(2,980円)写真左上
  • ジャージャー麺(1,000円)写真右上
  • 黄ニラと刀削麺の炒め焼きそば(1,300円)写真左下
  • 麻辣麺(1,200円)写真右下

というラインナップで個人的には酸味と花椒が刺激的な麻辣麺超お気に入りです。

料理長である五十嵐創氏は若手料理人のホープ

広味坊 千歳烏山本店で料理長を務める五十嵐創氏は現在絶賛選考中の、若手料理人のナンバーワンを決めるコンペ、RED U-35の一次審査を通過している期待の若手料理人です。

実は彼は私の中学時代の友人で中学時代から仲良くしていますが、彼の料理にかける情熱と想いはものすごいです。

料理の為に研究と努力を惜しまない前向きな姿勢にいつも刺激をもらっています。

広味坊はこんな時に行きたい

広味坊さんは安心安全な食材を利用して、本当に美味しい中国料理を追求してらっしゃる素晴らしいお店です。

私のオススメの利用方法はランチに定期的に通い、ディナーはここぞという時に足を運ぶのがいいかもしれません。

ランチはディナーに比べて価格帯もリーズナブルなので気軽にドンドン足を運んでいただいて、ディナー帯は家族が集まる時や、大事な相手とのディナーなど特別な日に利用すると良いかもしれませんね。

お盆の今の時期なんか帰省されているみなさまぜひ足を運んでみてくださいね。

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

広味坊店舗詳細

住所:東京都世田谷区粕谷4-23-18

電話:03-3326-6999

営業時間:11:30~14:30 17:30~22:00

定休日:月曜日

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。