Spigen スリムアーマーをiPhone 6 Plusに装着してみたぞ!

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

先日驚くほど破格で販売されていたiPhone 6 Plus用のケース『Spigen スリムアーマー』を購入して私のiPhone 6 Plusに装着してみたのでレビューしたいと思います。

Spigen スリムアーマー iPhone 6PlusPlus用ケース

こちらがiPhone 6 Plus用のスリムアーマーです。

もちろんiPhone 6用も販売されていますよ。

形状は若干違いますが他にもiPhoneSE用やiPhone5s用などもあります。

箱から取り出したところ。

背面には広くポリカーボネートが使われていて、かたくて傷付きにくいです。

カバー上下と内側にはTPUというかウレタンゴムが使われているので、若干柔らかみがありますね。

ケース下部にはロゴ入りのスタンドがチラリ。

内側は蜘蛛の巣みたいになってます。スパイダーメン!

これによって衝撃を吸収するみたいですよ。

下部にはイヤフォンとLightningケーブル、スピーカー用の穴が空いてますね。

もちろんカメラ部分にも穴が空いてます。

アップルのロゴマークの部分も綺麗にくり抜かれているのですが、コレは端末をつかんでいる時にちょっとした引っかかりとして、落下防止に一役買っています。

パワーボタンとボリュームボタンもケースの上下部分と同じくTPU素材で少し柔らかみがあるので押しやすいです。

ボリュームボタンも同様ですが、サイレントボタンの部分はちょっと扱い辛そうです。

Spigenのロゴ部分はパカッと開いて、

本体を自立させることができます。

SpigenスリムケースをiPhone 6 Plusに装着

それではSpigenのケースをiPhone 6 Plusに装着してみます。

アップルマークがきれいに収まった感がありますね。

ケースへの装着はそんなに無理をしている感じもなく押し込んだらきゅっと密着します。

本体のさわり心地は思いのほかよく、すべすべしています。

一番お気に入りのポイントはケースがすっぽり入った時の、iPhoneの表面との絶妙なはまり具合ですね。

段差が極めて少なくて、つるつるしている感じがとても良いです。

装着時のサイドはこんな感じです。

音量ボタンは操作性に対して何にも問題なのですが、

サイレントボタンはなかなかに切り替えづらい……。

ただ爪を押し込めが変えることができるので、良しとしましょう。

ケーブル類も干渉しないで使用できます。

ケースだけで自立できるのは非常にありがたいですね。

まとめ

本日はSpigenのスリムアーマーのレビューでした。

私はものすごい破格で購入したのですが、ウルトラハイブリッドケースに引き続き、相変わらずお気に入りです。

強靭なiPhoneケースを探している方は、是非チェックしてみてくださいね。

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。