閲覧注意!鼻毛が驚くほど抜けるワックス『ZUPPN(ズポーン)』と『GOSSO(ゴッソ)』を試してみた。

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

最近はやりの鼻毛脱毛用ワックスは皆さんご存知でしょうか?

私もネットで見たことがあったのですが、先日激安の殿堂を訪れた時に売っていたので、思わず購入してしまいました。

パッケージにはすごい綺麗に鼻毛が抜けている爽快感のある画像が書いてありますが、実際にこんなにすっきりと脱毛できるのか、痛みはどんな感じなのか?というところを使ってレポートしてみたいと思います。

ZUPPN(ズポーン)とGOSSO(ゴッソ)使ってみる

こちらが某激安の殿堂で手に入れた、鼻毛脱毛ワックスである、ZUPPN(ズポーン)とGOSSO(ゴッソ)

それぞれ約1,000円くらいの価格で、どちらも両鼻で10回脱毛ができるようです。

どちらもパッケージは外国の方。なんでなんだろう。

日本人の鼻毛程度ではインパクトが弱いってことなんでしょうか?

内容物はどちらもほとんど一緒です。

紙コップのような物とプラカップとブラジリアンワックスと専用スティックに取り扱い説明書。

ゴッソの方が紙コップが5個少ないですな。

こんな感じでチョコチップみたいなワックスをそれぞれ、コップの底が隠れるくらいまで入れます。

左がズポーンで、右がゴッソのワックスです。

ゴッソの方が一粒が大きくツルツルしてますね。

耐水コップに水を少し入れ、その上にワックスの入ったカップを置きます。

コップに目盛りが入っているので、入れる水の量がわかりやすいですね。

電子レンジであれば、ズポーンは2分、ゴッソは5分ほど温めると液体になります。

液体になったワックスは結構粘度があるので、専用スティックでくるくると水あめのように巻き取ることができます。

スティックを立てたときにこぼれない位の量をとりましょう。

このぐらいかな。

鼻の中にワックスを入れる緊張感

さあここからはおじさんの顔面のアップや、おじさんの鼻毛などの写真がガンガン出てくるので、そういうのが苦手な方はこの辺でページを閉じることをお勧めします。

ちなみに電子レンジで溶かした直後はかなりアツアツになっているので、くれぐれもやけどをしないように注意してくださいね!

さあ勇気を出して……。

入った。

ほんのり暖かくて、少し恥ずかしい気持ち。

わるくないわるくないとは思うんだ。

スティックを入れたら少し鼻の周りを押さえてワックスを鼻の中に広げましょう。

この状態で2〜3分待って、ワックスが固まった頃合いで、一気に真下に引き抜きます。

それではいざ……。

うおりゃあああ!

ズン!という一瞬の衝撃で痛みはそんなに感じません。

痛いとゆうより衝撃といった感じ、ぬいた後もヒリヒリするとかはないのですが、とにかく抜けたスティックがすごすぎて笑うしかないです笑

それでは実際にズポーンでぬいた鼻毛をごらんください

ここからは閲覧注意です。おっさんの鼻毛を見る覚悟ができている方のみご覧ください。

 

 

 

やばいぞこれは。

 

 

 

ふだんそこそこ鼻毛カッターとかで鼻毛を処理してはいるはずなのにこのごっそり感!

でもなんかすごいすっきりした気分とゾクゾク感、ぬいた鼻毛も取っておきたくなっちゃいますね。

続いてゴッソを使ってぬいた鼻毛をご覧ください

ゴッソはワックスがちょっといい匂いです。

そんなゴッソを使ってぬいた鼻毛がこちら!

 

もさもさしている!

きもちゴッソの方が取れている気がしないでもないですが、比べるほどではなかったかな。

まとめ

本日は鼻毛脱毛用ワックスズポーンとゴッソをご紹介しました。

比較しようと思ったのですが、どちらもほぼ同じだったので、皆さんは好きな方買ってみたらいいと思いますよ。

とにかくなんかストレス解消になるんじゃないかくらいのきもち良さがあるので、ぜひ気になった方は挑戦してみてくださいね。

ぬいた鼻毛はなんか取っておきたくなる笑

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをしていただいてコメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

 

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

1 comment

Leave Comment
  1. Pingback: 【週間イロトリドリ】振り返った季節に立って思い出せなくて嫌になって(2016年25、26、27週) | イロトリドリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。