長野『そば処 おぎのや』建造140年の雰囲気抜群のお店で絶品鴨せいろ

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

先日長野県の野外フェスイベントに参加した帰りに、どうやら近くに美味しい蕎麦屋さんがあるとの事で、長野県は木曽郡にあるお蕎麦屋さん『そば処 おぎのや』さんに足を運んでみました。

そば処 おぎのや

そば処おぎのやさんは、長野県は木曽郡木祖村、最寄駅でいうと藪原駅から徒歩5分の所にあります。

車で来る場合は駐車スペースが3台しかないので注意が必要です。

おぎのやさんの建物は、140年前に建てられたという事ですが、思いの外外観はきれいですね。

きっと何度も改修を繰り返して現存してるのではないでしょうか?

貴重な建物を維持していくのはきっと大変なはず……頭が下がる思いですね。

日曜日の11:00過ぎにお店に到着しましたが、ちょうど先客の方々がオープンして1回転目の所で満席でしたので店内で待つ事に。

20分ほど待って、座敷に通していただきました。

お店には靴を脱いで上がります。
いやー古くからある建造物というところもありますが、おばあちゃんの家に遊びに来たみたいですね。

私たちは座敷でしたが、真ん中には大きい囲炉裏があって、それを囲んでおそばを食べるのもなかなか雰囲気がありますね。

昔からの造りの建物は、なかなか見る機会がないのでちょっと興奮!

天井高い!柱が太い!

こんなレトロな掛け時計もありました。

何を頼もうか迷う…

メニューはこんな感じです。

どうやら鴨せいろ(1,300円)が1番人気のようです。

ざるそばは2枚がオススメとの事で、ここは食いしん坊の私、具が2倍の倍鴨せいろに追加のそばを1枚足して万全の状態に。

追加のざるそばは1枚700円、大盛りは300円だそうです。

黄身くずしのスペシャリストとしては、黄身の乗っているとろろそばを注文するべきかなと一瞬思いましたが、こんな日もあります。いいでしょう。

倍鴨せいろを頂く

しばらく待って到着しました倍鴨せいろ!

あっ。うまそう。

フワッと漂うだしの香りに心が躍ります。

お蕎麦は細麺で喉越しが良くちゅるりと入っていきます。

器から鴨を取り出すと…ツルツルのプリプリ。

鴨ってもっと歯ごたえがあるものと想像していたんですが、とっても柔らかい!

柔らかい鴨を噛み締めると、溢れる鴨の旨味と薄めのダシがバッチリ合います。

なるほどダシが薄めの味付けになっているのは、この鴨の旨味を味わうためなのか…納得納得。

以外と伏兵だったのが、こちらのネギ!

しっかり焼き目がつけられたネギには香ばしさがあり、噛むとちゃんと歯ごたえが残っていますが、とっても甘い!

気付けばものすごい勢いで食べきってしまいました。

なるほど、おぎのやさんの鴨せいろは素材の味を存分に引き出す、細かな気遣いが見られる美味しいお蕎麦なんですね

ごちそうさまでした!美味しかったです!

まとめ

本日は長野県は木曽郡木祖村のお蕎麦屋さん『おぎのや』さんをご紹介いたしました、関東に住んでいる方はなかなか訪れる機会がないかもしれませんが、タイコクラブの帰りや、何かイベントなどで近く来た時は是非立ち寄ってみてくださいね!

140年の息吹を感じる事ができる、店構えを見るだけでもテンション上がりますよ。

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをして、コメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

そば処 おぎのや 店舗詳細

住所:〒399-6201 長野県木曽郡 木祖村薮原1123−1

電話:0264-36-2012

営業時間:11:00~15:00

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。