恵比寿の有名ラーメン店『阿夫利 (AFURI)』のラーメンはもはや作品である

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

先日恵比寿のリキッドルームで行われたライブの後、てとこんさんに連れられてあの超有名なラーメン店『AFURI』に行ってきました。

食べ物が大好きでグルメ記事をよく書いているわたしですが、実はあまりラーメンは食べる事がないのです。

高血圧なので、塩分量が気になるし(食べるならスープ完飲したい)カロリーも高いのでなんとなく罪悪感を感じるんですよね。

そんなこんなで有名店といえど、まだまだ足を運んだ事がないラーメン屋はごまんとあります。

というわけで本日は珍しくラーメン店のレビューです。

恵比寿 阿夫利(AFURI)

JR恵比寿駅から徒歩5分くらいのところにあるAFURIに訪問したのは土曜日の21:00位の時間でしたが、数人の並びが絶えず続いているといった感じです。

並んでいる方をチラッと見回すと、普通のラーメン店より女性のお客さんが多いですね。

入り口入ってすぐの所に食券の販売機があります。

山のイラストがかわいい。

だいたいこういう券売機は左上がお店のイチオシ商品という事がセオリーだったりするのですが、AFURIの有名な柚子塩らーめんは真ん中に黄色いボタンでアピールされていました。

メニューとしてはスタンダードな塩らーめん(880円)醤油らーめん(800円)人気の柚子塩らーめん(989円)や柚子醤油らーめん(980円)に加えつけ麺も味のバリエーションがあり甘露(960円)柚子露(1,060円)辛露(1,160円)というようなラインナップ。

私は初回という事で、柚子塩らーめんをチョイスしました。

うーむ楽しみ。

食券を店員さんに聞くと、鶏油の量を聞かれます。

ここは迷わず鶏油多めのまろ味を選択。デブの宿命なり。

待っている間に目に入ったのが、こちらのヴィーガンらーめん100%野菜由来のスープを使った野菜のらーめん!ヘルシーでダイエット中に良さそう。今度食べてみよう。2杯ぐらい食べちゃいそうだけど。

これが阿夫利(AFURI)の柚子塩らーめんだ!

入店までも含めて、トータル30分くらい待ったかな?というとろでついに念願の柚子塩らーめんが私の眼の前に!

はわわわわ!めっちゃ美しい。

よく綺麗な景色を見て思わず涙しそうになる事ってあると思うんですよ。

その感覚に非常に近い。

麺は流れる川のように水菜は林、海苔は山。

人間が作り出したものなのに自然のような美しさがあります。

スープを覗いてみよう。

予想していたより遥かにクリアなスープ!鶏ダシの優しさ丸さがほわっと口の中に広がり身体に染み渡っていくこの感覚がたまらないです。

後味は驚くほどスッキリ!

麺をグイッと引き上げてひとくち。

チュルッと弾力のある細麺はなるほど、スープにバッチリ適合する!

パズルのピースがかちっとハマるようなイメージ具合ですよ。

この辺りから私は気づいてしまいました。

なぜAFURIがこんなに美味しいのか、有名店と言われているのか。

綺麗な半熟卵は味が付いていますが、決して濃いものではなく、ダシがしみ込んだような優しい薄味。

薄味玉。

炭火で炙られたチャーシューが放つ強い香ばしい香りも

すべて計算されつくして作られている。

しかもその計算は並ではなく、少しでもブレたら成立しないレベルで作られたもはやAFURIという作品のひとつだと思いました。

まとめ

いやー本当に美味しかった。

是非また足を運んで、柚子塩らーめん以外の作品もぜひ鑑賞したいという気持ちでいっぱいです。

皆さんもこの記事を読んで、まだ行った事がないという方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをして、コメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

恵比寿 阿夫利 AFURI 店舗詳細

住所:東京都渋谷区恵比寿1-1-7 117ビル 1F

電話:03-5795-0750

営業時間:11:00~29:00

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。