3/24オープン!東中野『いきなりステーキ』で300グラムの素敵なステーキをいきなり初体験してきた。

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

人として生きている以上、時として溢れんばかりの肉欲を満たしたい時がありますよね?

そんな時、あなたはどうしますか?

焼肉を食べる!

それもいいですが2016年の今なら注目すべきは『いきなりステーキ』だと思います!

本日は3/24 11:00オープンの『いきなりステーキ』東中野店のレセプションにお邪魔してきましたので、その様子をご紹介したいと思います。

東中野『いきなりステーキ』

JR東中野駅西口を降りて左をみるといきなり!

もうそれはいきなり『いきなりステーキ』の看板が見えます!

もし都営線東中野の出口から出でもした日には、目と鼻の先ステーキです。

わかりますか?地下鉄降りたらすぐステーキですよ。

『いきなりステーキは』ここ2年で70店舗以上をオープンしている、今まさにノリにノッたステーキ屋さんです。

そんな話題のいきなりステーキですが、私は初めての訪問です。

行く前からワクワクとソワソワがたまりませんでした、それではガッツリ肉を喰らってきたいと思います。

大きいお肉が量り売りで好きなだけ食べられる基本スタンディングスタイル

いきなりステーキを知らない方のために説明させていただくと、いきなりステーキは量り売り、リーズナブルなお値段でステーキを堪能できる素敵なお店です!

基本はスタンディングスタイルですが、最近は席のあるお店も増えています。

座席のある席はチャージを取られるお店もありますが、今回訪問した東中野店ではチャージはないそうです。座ってじっくり肉を堪能してください。

というわけでまずは肉の種類とグラムをオーダーして、カット場へ。

この日はレセプションということで、リブロースの300グラムをいただきました。

だいたいオーダしたぐらいのサイズになるように微調整してくれました。

塊り肉すごいです。そのまま食べたい。

ピカピカのガラス越しに焼かれる肉が見えます。

自分の肉がここで焼かれる様を見続けるのも、いいかもしれません。

私の肉をおいしく焼いてくれ〜と念を送ったりして。

焼き方はオススメのレアでオーダー。

スッと切れる柔らかい肉と溢れる肉汁にアドレナリンが出る

程なくしてテーブルに300グラムのリブロースのレアステキーキが到着。

温められた鉄板の上でジュウジュウ言っている肉を見ていると、「あっ世の中は全て肉だ」と錯覚しそうになります。

お肉にナイフを入れてみると、想像の何倍も柔らかくてスルッと肉が切れていきます。

レアに焼いた肉は肉肉しい赤い色に…。もちろんジューシーで口の中は肉汁ダム崩壊寸前です。

そのまま食べてみて、肉の味をしっかり堪能するも良し、卓上の調味料を駆使して独自のステーキを楽しむもまた良し。

個人的にはオススメのいきなりステーキソースと、わさび醤油でいただくのが最高でした。

ああ美味しい。世の中は全て肉で回ってるんだ。そうなんだ。

まとめ

本日は『いきなりステーキ』東中野店のレセプションに参加したお話でした。

リーズナブルに、ササっと、気軽にステーキの食べられるお店『いきなりステーキ』

初めて行ってすぐに大好きになりました。

糖質ダイエット中の皆様にもおすすめですし(付け合わせのコーンはブロッコリーに変更可能)安い値段で本当に美味しいステーキを食べたいと思っている方は、もうすぐにでもお近くの『いきなりステーキ』に足を運んでみてください。

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをして、コメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

『いきなりステーキ』東中野店舗詳細

住所:東京都中野区東中野3-1-1

電話:03-6908-8129

営業時間:11:00~23:00 ランチタイム 11:00~15:00 ※平日のみ

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。