赤坂の隠れ家古民家中華『菜根譚 月居』でお腹いっぱいランチ

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!七ブ侍金曜担当アリマックスです。

先日赤坂で、隠れ家のような佇まいの中国料理のお店『菜根譚 月居』に行ってきました。

また行こうと思うお店だったのでご紹介したいと思います。

赤坂 中国料理 菜根譚 月居

赤坂駅から5分ほどの所、路地を入ったところにあるこちらのお店はまさに隠れ家といった雰囲気で、外観も古民家のようです。

店頭には立て看板のメニューが。

この一汁三菜1500円の定食が一番のウリってことかな?

おっと豚肉と根菜蒸しハンバーグ土鍋ご飯…。

なかなか気になるメニューがたくさんありますね。

一汁三菜定食を食べる!

ランチメニューはたくさんあって、何を食べようか迷ってしまいます。

一般的な中華より凝っているメニューが豊富で、だいたい1,000円〜1,500円くらいのメニューが多く、毎日のランチにはちょっと贅沢です。

迷った挙句結局一汁三菜定食を頂くことにしました。

一汁三菜定食はメインを肉、魚、野菜、豆腐から2種類選ぶことができます。

この日は

  • 肉:料理蒸し豚ばら肉と白菜の生姜白湯煮込み
  • 魚:近海産鰈の切り身揚げ麻辣香草香り炒め
  • 野菜:新じゃがと茄子、ピーマンの北京味噌炒め
  • 豆腐:四川麻婆豆腐

肉と魚を選びたかったのですが、こいつ欲張り食いしん坊だなと思われたくなかったので、私は魚と豆腐をチョイスしました。

ワクワクしながら待っていると、一汁三菜定食がやってまいりました。

すんごいボリューム!!

中華で一汁三菜ってなんだか嬉しいです。

もう少し寄りでの1枚。

レバーときゅうりを和えた小鉢も凝ってるなぁ。

麻婆豆腐を一口頂く、本格的な四川風麻婆豆腐で、花椒が効いていて苦手なひとには結構辛いみたいです。私はちょうど良い感じでした。

ネギがゴロッと入っていて食感が楽しい。

ちょっと味が濃い。

鰈の切り身揚げは周りはサクッと中はふんわり、パクチーとネギの香りが広がります…。ってこれ私がめちゃ好きなやーつだ。

おいしいおいしい。

スープとデザートの杏仁豆腐も堪能して、超満腹でお店を後にしました。

絶対また行こう。

赤阪中国料理『菜根譚 月居』店舗詳細

住所:東京都港区赤坂5-1-30

電話:03-3589-5514

営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~22:30(L.O.21:30)

まとめ

お店の雰囲気や、少し凝ってるメニューの感じからすると女性向けかと思いましたが、味の濃さや量的には完全に腹ペコ男子向けのお店かと思います。

興味がある方は是非訪れてみてください!

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをして、コメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!
七ブ侍のコンセプトは「毎日誰かが記事更新」です。

それぞれの曜日担当が必ずその曜日に#七ブ侍のハッシュタグ付きで記事を更新することで「ブログを書く習慣を身に付ける」そして「ブログを楽しむ」事を目的としているブロガーグループ、コミニュティです。

さーて明日の七ブ侍はブログスイッチを探そうよを書いている、のっさん(@nodapin)の登場です!のっさんよろしくお願いします!

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。