私史上No. 1つけ麺、新小岩『一燈』の特製魚介濃厚つけ麺の美しさよ…。

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

食べ物が大好きな私ですが、ラーメンのレポートってあんまり書く機会がないんですよね。

と言うのもラーメンは好きなのですが、体への罪悪感が邪魔してなかなか頻繁に食べられないのです。

本日は、そんな私が過去に食べた中で確実に1番の味だと断言できる、つけ麺のお店を発見してしまったので、レポートさせていただきます。

新小岩『一燈』

新小岩駅から7〜8分くらいのところにある『一燈』というお店。

普段からすごい行列らしく、この日は夜の営業の18:00の30分前、17:30位から並び始めました。

並んでいる間に、店員さんに食券を購入するように促されます。

迷ったのですが、特製魚介濃厚つけ麺(950円)と中盛り(50円)をチョイス。

とってもお腹が空いていたので、ワクワクが止まりません。

何を頼めばいいか、迷っても店員さんが親切に教えてくれるので安心してください。

店員さんに食券を渡し、列に戻ります。

開店とともにちょうど1回転目が私の前で満席になりまして、そこから20分くらいでしょうか、夜の営業、2回転目に入店することができました。

席に着くと、すぐにオーダしたつけ麺がカウンターに降臨します。

特製魚介濃厚つけ麺はその美しさに驚愕

こちらが特製魚介濃厚つけ麺中盛りです。

鶏と豚の3種類のチャーシューに、味玉、のりが三枚、そしてきれいに盛られた麺がとてもキラキラと輝いています。

その美しさに思わずため息がでます…。

というわけでいただきます!

麺をスープにつけてひとくちいただくと、強目の魚介系の香りが漂うのですが、味はコク、旨味、甘さ、クリーミーさが絶妙なバランスで成立していてとても素晴らしい。

食べ始めたらもうそこからは、つけ麺とふたりきりの世界、麺とスープと対話するような気持ちで素晴らしい時間を過ごしました。

そんな中一緒に行った友人は、「うまいうまい」と結構な声のボリュームで5回ほどつぶやいていた気がします。

チャーシューも豚バラはトロトロに煮込まれ、

豚肩ロースのチャーシューは綺麗なピンク色で柔らかい

鶏のチャーシューはしっとりとしていて、淡白さの中に胡椒のアクセントが濃厚なつけ麺にとても合いますね。

そしてなにより気に入ったのが、こちらの鶏のつくね。

スープに2つゴロンと入っているのですが、噛んだ瞬間に柚子の香りがふあわっと駆け抜けます。

ああもう最高だよ。

スープ割りでスープも一滴残らず飲み干し、多幸感に包まれながら、帰り道は一緒に食べた友人と「おいしかったおいしかった」と、盛り上がりました。

まとめ

本日は新小岩にある『一燈』の特製魚介濃厚つけ麺をご紹介しました。

あんなに「おいしかった」「うまい」「また食べたい」をたくさん言った日は、過去になかったかもしれません。

新小岩に行く用事がある方、近所に住んでいる方、遠くに住んでいる方も、このつけ麺は間違いなく1食の価値ありですので是非足を運んでみてください。

私もまた絶対に行きます。

何か感じる事があればSNSでシェアやフォローをして、コメントをいただけるとありがたいです。以上アリマックスでした!

追伸:なんとなく楽天で探してみたら、通販があるじゃないですか!

これは絶対に注文して、またレビューを書こうと思います。

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。