Tao Tronics TT-BH06コスパに優れたBluetoothイヤフォンは低音の鳴りが良い!

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

先日誕生日プレゼントとして頂いた、Bluetoothのイヤフォンをレビューしたいと思います。

Tao Tronics TT-BH06

Tao TronicsのBluetoothイヤフォンである、TT-BH06。

Bluetoothのイヤフォンが欲しいなぁと、Amazonを探していたところ見つけたこの商品ですが、このメーカーさん初めて聞きました。

調べてみたら、Bluetoothスピーカーとか自撮り棒とかスマホのアクセサリーを色々出しているんですね。

ふむふむ、とりあえず開封しましょうかね。

ANKERのパッケージを彷彿させるシンプルなデザイン。

開けると箱がおふたつ。

本体と充電ケーブルに取説。

そして月形イヤーフックが3サイズ、予備のイヤーチップとイヤーフックがふたつも入っています。

この手の付属品ってすぐなくなっちゃうから、あらかじめ予備がたくさん入っているのはありがたいですね。

左側のイヤフォンにUSBのコネクタがあります。

この緑色のカバーを外して、充電します。

充電中は赤くロゴが点灯します。

充電が完了するとロゴ部分が青色に変化します。

ちなみにこのロゴの書いてある部分がファンクションボタンとなっていて、電源のオンオフなどをこのボタンで操作します。

まずはファンクションボタンを長押しでペアリング。

一度ペアリングすれば電源が入ると自動でペアリングを行います。

赤青の点滅は、ペアリング中の表示です。

TT-BH06 電源オン→ペアリング

アリマックスさん(@takashiarima)が投稿した動画 –

そうそう説明書に、2台ペアリングすることが可能と書いてあったので、喜び勇んでPCとiPhoneを両方でペアリングしようと思ったのですが、なんだかうまくいきませんでしたなんでだろう…。(既に一台にペアリングされていると、その機器の電源を落としても、他の器機とペアリングができないみたいなのですが、これなぜ?)

右耳のこの細長い緑のボタンが、ボリューム兼曲送りです。

長押しとワンクリックで使い分けます。

その下の小さい穴はマイクですが、こちらの使用感はまた次回。

通話もできるそうなので、マイク性能がどんなものか期待ですね。

本体にはデフォルトのイヤーチップとイヤーフックが付いています。

スポーツに使わないなら、イヤーフックはこちらの方がオススメです。

装着した感じはこんな雰囲気になります。

付けてみて思ったんですが、コードが少し長いなと感じたので、ランニングなどをしているときは少し邪魔に感じるかもしれません。

もう少し短めになると嬉しいですね。

一見すぐに落ちてしまいそうなこのイヤフォンですが、このように激しく動いてもしっかり耳の位置でキープ! 激しい運動でも落ちることはありません。

おちないぞ! アリマックスさん(@takashiarima)が投稿した動画 –

Tao Tronics TT-BH06の音質は?

この手の商品は低音が結構音痩せしてしまいがちなのですが、しっかり低音がなるのでなかなか迫力のある音が出ます。

Bluetoothイヤフォンとしては満足出来る音質だと思います。

まとめ

本日はTao TronicsのTT-BH06をレビューいたしました。

Bluetooth接続で、なかなかの音質。

激しく動いても、外れることはなく、軽くてとても使いやすいイヤフォンでした。

なかなか丈夫にできているらしいので、毎日ガンガン使っていきたいと思います。

 

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。