SpigenのiPhone6s Plus ケース『ウルトラ・ハイブリッド』がよい感じだ

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

私は今まで色々なiPhoneケースを使ってきましたが、昨年の終わり頃、iPhoneを一度地面に落としてしまい画面が割れてしまいました。辛い。

それからは、ふっきれた気持ちで、ケースを使わず裸で使っていたのですが、先日その画面割れiPhone 6 Plusを新品にしたので、この機会に新しいケースを探していたところ、お友達の元うなぎ屋さん(@motounagiya)にオススメ頂いた、こちらのケースを使ってみることにしました。

Spigenの『ウルトラ・ハイブリッド』

Spigenの商品は、端末の背面に付けるスタイルリングなどが有名な印象で、初め購入したメーカーさんでしたがなんとなく知っていました。

 

『ウルトラ・ハイブリッド』はiPhone用の他にもXperia用なども出ています。

あ!あとこれiPhone6s Plus用ですが、旧iPhone6 Plusでもどちらでも使えますのでご安心を。

パッケージを開けてみると、クリアなケースが出てきました。

私今までこういったクリアタイプのケースを付けた事がありませんでしたが結構透明感が高いんですね。

購入前のイメージでは、カチカチのプラスチック製の様な感じをイメージしていましたが、思ったより柔らかいです。

炊いたご飯を保温の状態で1週間くらい放置した硬さくらい?

いや、焼く前のお餅位の硬さですかね?

まず本体の内側と外側に貼ってある保護フィルムを外します。

私はこの保護フィルムが薄くて、本当に貼ってあるのか戸惑いながら格闘してなんとか剥がすことができました。

苦戦する方は、セロテープかなにか粘着性のあるものを端っこに貼って、その粘着力で保護シートを剥がすといいと思います。

何もない様に見えるけど、

保護シートが貼ってある!

装着はとても簡単。

見た目より柔らかいので、カメラの方からグイッと入れるだけで特に迷いもなく装着が可能です。

こんな感じで一見するとカバーをつけていない様に見えます。

なるほどこれがクリアの良いところか。

サイドの電源ボタンや、ボリュームボタンはさすがに裸の状態に比べると少し力が必要になってますね。この形状だと仕方がないか…。

サイレントボタンも少し爪をグイッと入れ込んでオンオフを調整しましょう。

イヤフォンジャックと、Lightningケーブル、マイク、スピーカーはちゃんと鑑賞しないようになっています。

ケースの裏側は角が微妙に盛り上がっているので、背面のケースを直接傷つける事がありません。

また表の方も、本体より少し外周が盛り上がっているので、ディスプレイを直接傷つける事はないです。

使ってみた感想

フィット感がバッチリで、尚且つクリアなので全体の厚さは分厚くなっているハズなのに、ケースをつけている感じがしません。

なんだか元からこういう物だったような感じです。

触った感じの手触りもとてもよく個人的には滑りが軽減された気がするので、手からすっぽ抜ける確率が減った気がします。

まとめ

本日はSpigenのiPhone6s Plus ケース『ウルトラ・ハイブリッド』をご紹介いたしました。

見た目を損なわずに、本体を守ることができるなかなかおススメなケースです。

価格もお手頃ですし、とりあえず1つ持っていても損はないと思うので、ぜひチェックしてみてくださいね。

iPhone6s PLus/iPhone6 Plusにはこちら

iPhone6s/iPhone6にはこちら

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。