シャルキュトリーや肉を堪能!『WINE & Craft Beer Bistro ミヤマス』の試食会に参加してきました

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

先日、飲食店向け 予約/顧客台帳サービスを展開しているトレタさんにご招待いただき、美味しいシャルキュトリーとベルギービールが楽しめるお店、新橋 『WINE & Craft Beer Bistro ミヤマス』さんの試食会に参加させていただきました!

とっても良いお店で、個人的にも絶対リピートしたいお店だったので、その魅力をお伝えしたいと思います。

新橋 『WINE & Craft Beer Bistro ミヤマス』

新橋と言えば、日本のサラリーマンのアフターファイブを支える飲食店がたくさん軒を連ねています。

どうも私のイメージだと大衆酒場が多いイメージですが、そんな事もないんですねぇ。

新橋駅から徒歩5分くらいの路地に少し入ったところにあるこちらのお店。

緑色の壁がとても目を引く、とてもオシャレな外観です。

1階はオープンキッチンで料理が目の前で作られる、ライブ感を楽しむ事ができます。

2階は少し落ち着いた雰囲気で、ゆったりと話ができるスペースですね。

2階奥座席

どちらの階でも美味しいシャルキュトリーや飲み物を楽しむ事ができます。

シャルキュトリーって?

こちらのお店のウリであるシャルキュトリーですが、聞きなれない方もいると思います。

いや、私も初めて聞いたんですけどね笑。

シャルキュトリーとは、ハムやソーセージ、パテやテリーヌといった主に豚肉を原料とした、食肉加工品の事で、元々はお肉屋さんが余った肉を保存のきく加工食品として活用したのが始まりだそうです

シャルキュトリーをはじめとした絶品料理の数々

名物のシャルキュトリーの他、いくつかオススメの料理やお酒を試食させていただきました。

まずはお通しの大山鶏と軟骨のテリーヌと、いくつかある樽生の中から、ベアードブルーイングの帝国IPA(550円)を。

とりあえずあまり見ないで頼んだIPAでしたが、もちろん苦味はあるものの、すっきりと飲みやすく、またこのお通しのテリーヌの甘さが引き立って良いですね。

メニューを見て驚いたのが、ドリンクの豊富さ!

常備8種類のクラフトビールの樽生を初めてとして、大瓶のビール、ワインやクラフトカクテルなどをお料理と合わせて楽しむ事ができるのです。

美味しいお料理に、どんなお酒を合わせるか悩むのもまた楽しいですね。

お肉の前にまずはブラウンマッシュルームとクレソン、セルバチコのサラダ(980円)から。

気持ちとしては一刻も早く肉を欲しているのですが、そんな状況でもブラウンマッシュルームがたくさん乗ったサラダは旨味が強くてとっても気に入りました。

北海生タコのマリネ(580円)プリプリの生タコをマリネに。

お肉の前にこれでもお酒が進んでしまいます。

そしていよいよ登場するのが、自家製シャルキュトリーの盛り合わせ(1,780円)

どうです?自家製で作られたシャルキュトリーたちがありがた過ぎて、光って見えます。

このサイズは4人くらいで頼んで、充分満足できるサイズですが、ハーフサイズ(1,000円)もありますので、ご参考までに。

特に気に入ったのは、パテ・ドグ・ランメール。

見づらいですが、左上にある豚肩ロースとネック、鳥白レバーをポルト酒で香りをつけて黒胡椒をまぶしたパテなのですが。香り高くて思わず目を閉じて味わってしまう上品さ。

豚肩ロースのスモークハムは塩漬けして熟成、燻製してからボイルしているので、少し遠くに燻製の香りと旨味が感じることができるのですが、後味がとてもスッキリです。

そして、珍しいのが左下手前にあるミュゾー!

豚の頭を2週間マリネ液につけ、柔らかく茹でたものをホホ肉、舌、耳をまいて冷やし固めた物です。

独特の食感と一言では言い表せない複雑な味がとてもお酒と相性が良いです。

実際に漬けてある豚の頭を見せていただいたのですが、ちょっとインパクトが強すぎるので、写真は割愛します。

その他にもグリュイエールチーズとコリアンダーシードのソーセージ(1,080円)

はソーセージと思えない肉肉しい食感であったり、

焼き上がりに50分かかる、手間のかかった1ポンドローストポーク(2,700円)など

(下の写真は2ポンドのお肉です)

じっくり時間をかけて焼かれただけあって柔らかく、肉の味がぎゅっと詰まったローストポークは絶品。

他にもいくつかお料理をいただきましたが、正直このクラスのお料理をいただけてこの価格はとても良心的でした。

突然現れた代表の千さん

この日はなんと、こちらのお店を初めとしたプロダクトオブタイムグループの代表を務める千さんが突然登場しました。

千さん曰く、このお店のようにシャリュキュトリーを1店舗で20種類ほど置いているのは日本で相当希少だそうで、『シャリュキュトリーに特化している店』というのは間違いないそうなのですが、それ以外の料理も食べたいという人にも満足できるようなバランスを考えて、常に行きたいと思う店を作り上げているそうです。

千さんのお話を聞いていると、お店や料理にかける想いがストレートに伝わってきて、こういう想いを持っている人が良いお店を作るんだなぁと感じました。

まとめ

本日は飲食店向け 予約/顧客台帳サービスを展開しているトレタさんにご招待いただき、美味しいシャルキュトリーとベルギービールが楽しめるお店、新橋 『WINE & Craft Beer Bistro ミヤマス』さんの試食会に参加させていただきました。

シャルキュトリーをはじめとした美味しいお料理と、クラフトビールやワインなど豊富なお酒がリーズナブルに楽しめるお店でした。

とても良いお店なので、確実にリピートしたいと思います。

WINE & Craft Beer Bistro ミヤマス店舗情報

住所:東京都港区新橋3-15-1

TEL. 03-5777-2730

http://bistro-miyamasu.jp/

営業時間:17:00~翌1:00

定休日:日曜、祝日

ウェブ予約はこちらから

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。