お試しキャンペーンで「プライベート・ビエラ」を使ってみた【開封 設置編】

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

本日はお試しキャンペーンでお借りしているパナソニック「プライベート・ビエラ」の開封設置編ということで、ご紹介させていただきたいと思います。

「プライベート・ビエラ」お試しキャンペーンで使ってみる

こちらが今回のパナソニック「プライベート・ビエラ」

本体である「プライベート・ビエラ」の他に、無線LANエリアを拡大する商品DY−WE10−Wも梱包されていました。

DSC00634

残念ながら我が家のネット環境に繋ぐのには不便だったため(ルーターが古いため)、とりあえず中身を確認します。

DSC00636

本体をコンセントに直接差し込んで使うタイプです、延長コードを使って距離を稼ぐこともできる模様です。

WPSボタンやAOSSボタンが付いているルーターならば、ワンプッシュで簡単に設定することができるようです。

DSC00640

「プライベート・ビエラ」同梱物

DSC00647

  • モニター
  • HDDレコーダー
  • 吸盤ホルダー
  • ACアダプター
  • 電源コード(チューナー用)
  • miniB−CASカード
  • アンテナケーブル(製品版には入っていないかもしれません)

「プライベート・ビエラ」初期設定と設置

まずはチューナー一体型のHDDです。

DSC00650

チューナー本体の裏側にある、カードスロットにminiB−CASカードを差し込みます。

その際電源コードとアンテナ線も差しておきましょう。

DSC00668

ちなみに地上デジタルのみで普段テレビを見ている人はとりあえず家庭のアンテナ線から出ているものを左上に差しましょう。

slooProImg_20150621222620.jpg

モニターに電源を入れますします。

サイドのこの穴にACアダプターのケーブルをセットします。

マグネットでペタッとくっつきます。

DSC00659

こんな感じですね。上にある電源ボタンを押すと、画面がつきます。

DSC00660

モニターの電源が入るとこんな画面が表示されます。

DSC00663

指示に従って、チューナーの電源を入れたら、リンクボタンを5秒以上押し続けて、画面の接続開始ボタンをタップします。

DSC00662

DSC00664

チューナーとの接続が完了したら、住んでいるところの郵便番号を入力します。

これは地域によって放送されている番組が違うためです。

DSC00669

住所登録が完了すると…。映ったーやっほーいこんなに簡単なのか!

DSC00670

まとめ

本日は「プライベート・ビエラ」の開封と初期設定の様子をお伝えしました。

初期設定は予想以上に簡単でビックリ!これならそんなに難しくないので、私の親世代(60代)でもセッティングできるのかな?と思いました。

次回以降は具体的な使用感などを更にレビューしていこうと思っております。

「プライベート・ビエラ」のレビューその2は以下から

以上アリマックスでした!

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

1 comment

Leave Comment
  1. Pingback: お試しキャンペーンで「プライベート・ビエラ」を使ってみた【録画編】 | ガジェとろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。