30歳の私が学生時代に死ぬほど聞きまくった海外メロコア5選

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

私は学生時代から音楽が大好きで大好きで、中でもメロディックハードコア(メロコア)と呼ばれるジャンルの音楽が大好きでした。

まいにちまいにちウォークマン(時代を感じる)で音楽を聞いて、中学、高校時代にはバンドをやったり、して常に身近に音楽は存在していました。

大人になってから、音楽を聞く事に対する情熱は少し減ってしまったかも知れませんが、それでもまだ毎日音楽を聞いています。

そんな私が、今聞くととっても懐かしくなる、学生時代に死ぬほど聞きまくったメロコアを動画つきでご紹介したいと思います。

それではいってみましょう!

The Offspring – Pretty Fly (For a White Guy)

ちょうど僕が14歳位の時、1998年にリリースされたThe OffspringのアルバムAMERICANAからの1曲。

覚えやすく激しいリフで始まるこの曲はAha-!Aha-!という部分が印象的で、何度も何度もクセになるような中毒性がある曲でした。

 

NOFX – Don’t Call Me White

こちらも中学時代に良く聞いていました、言わずと知れたNOFXの有名曲ですね、歌い出しのDon’t Call Me White!Don’t Call Me White!を良く友人とハモって歌っていましたね〜懐かしい

 

Lagwagon – Angry Days

当時私の印象ではLagwagonは他のメロコアバンドとは少し違って、切なくなるようなメロディーライン(泣きメロ)を奏でるバンドだったと記憶しています。他のバンド達はちょっと違う感覚にどっぷりハマりましたね〜。

 

SNUFF – Anpan Man

SNUFFはロンドンのバンドですが、実は大の親日家で、日本の曲を日本語でカバー等もしているバンドです。この今日はアンパンマンマーチですが、泳げたいやきくんや、人間っていいななどの曲もカバーしております。

 

 Sum 41 – Fatlip

Sum41は比較的私の中では海外メロコア後期の思い出ですね、高校1年位だったでしょうか?あまりメロコアを聞かなくなる時代に突入する最後の方に良く聴いていた曲です。声やコーラスが圧倒的に綺麗で、今までのメロコアとは一線を超えたバンドだと感じた事を良く覚えています。

 

まとめ

30歳の私が学生時代に死ぬほど聞きまくった海外メロコア5選という事で、まとめてみましたが、やはり好きなジャンルでブログを書くのはとっても楽しいですね!他にも日本編や他ジャンル編も書いて行きたいと思います。興味があればSNSでシェアやフォローしてくれると嬉しいです。

アリマックスでした!

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。