今話題の「クリトリック・リス」というヤバいアーティストから目が離せない

Pocket
LINEで送る

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

本日は私が大好きな、今話題のアーティスト「クリトリック・リス」をご紹介したいと思います。

たぶんタイトルを見て、クリックできなかった人も多いでしょう、僕自身もこの表記からブログに書こうか書くまいか、もうずっと悩んでいました。

ただ何となく今日はふと、書いてみようかな?という気になったので、書きます。

クリトリック・リスとは?

ボロフェスタクリトリックリス

クリトリック・リス : ボロフェスタ2012-スタッフブログ より画像をお借りしました。

結論からいうと「クリトリック・リス」はスギムというただのハゲたおっさん一人によるアーティスト・プロジェクトです。

クリトリックリスを構成する要素は以下

  • リズム&メロディ&トラックめちゃくちゃ
  • ハゲ&上裸
  • 歌詞の世界観が身近だかドラマがあり感動する

とくに歌がうまい訳でも、外見が良い訳でも無いのだが(むしろひどい)「クリトリック・リス」のステージを見ると、最初は興味本意で笑っていられるのですが、何回か見たり聞いたりしているうちに、なんだかわからないがグッときて目が離せなくなり、最終的には感動します。

嘘だと思う方は、とにかくYouTubeに動画が上がっておりますので、見てみて下さい。ここでは私がオススメの曲をピックアップします。

ライス&ライス

中年サラリーマンの現実を描いた作品、お昼に入った大衆食堂で一人のサラリーマンに起きる悲劇!

目を閉じると目の前に大衆食堂が現れるんじゃないかと思う程の表現力。哀愁漂うサラリーマンの歌

お父ちゃんとの日々

お父ちゃんとの何気ないやり取りに下ネタの要素を混ぜながら、最初は面白く笑わせているが、中身はすごく深い家族愛を感じ、感動する歌。

ゾンビの歌

愛する彼女がゾンビになってしまう歌、たとえ愛する人がどんな状態になろうと一途な愛を貫き通す思わず涙があふれそうになる

バンドマンの女

どうしようもないバンドマンを一途に愛し続けるバンドマンの女の歌、切ない痛いラブソング。

いかかだったでしょうか?この4本の動画を全て見てしまった方、もうこれであなたも「クリトリック・リス」中毒者です。
残念ながら音源化はされていませんが、他にもYouTubeに沢山動画が上がっているので、気になる方はチェックしてみて下さい。

まとめ

そんな「クリトリック・リス」ですが12/20に高円寺UFOclubでワンマンライブがあります。残念ながら、チケットはソールドアウトですが、キャンセルが出たら当日券も出るんですかね?どうなんですかねスギムさん?

ちなみに私はチケット予約済みです笑

クリトリック・リスのワンマンの模様はコチラをどうぞ

Pocket
LINEで送る

 

スポンサーリンク


ガジェとろをFeedlyで購読してみませんか?
↓ポチっとクリック↓
follow us in feedly

1 comment

Leave Comment
  1. Pingback: クリトリック・リス ワンマンパーティ!@高円寺UFO CLUBレポート | ガジェとろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。